読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I`m traveler of the life

人生を表現し、人々に感動を

12日目 列車から飛び降りた!ファンタスティック鉄道の旅!(バンコク カンチャナブリー)

photo:01

マッサマンカレーとスプリングロールで朝飯。

このマッサマンよりおれがデニーズで作ってるマッサマンのが美味かった



さぁ今日は『戦場に掛ける橋』で有名なカンチャナブリーのクウェー川鉄橋を見に行ってきます


まぁ余裕で寝坊しました。

おかげで栄えてるカンチャナブリーで終電を迎えて泊まるはずが、超田舎のタムクラセーという駅で終電を迎えることになりました。

お土産屋さん沢山あるって言うしゲストハウスの一つくらいあるでしょう。



ぶらり鉄道の旅スタートです。


photo:06

photo:07


この鉄道はんぱない。

自然と近すぎて、草木を切り裂きながら走っていく(笑)

車内は草だらけ(笑)


でも、風がめっちゃ気持ちいし、景色も最高だった!!



そしてカンチャナブリーを過ぎ、クウェー川鉄橋!!!



photo:04

photo:08


この鉄橋は第二次世界大戦時、物資を運ぶためミャンマーからタイまで作られたもので、

川の上に鉄道を敷く作業は困難を極め、何百人もの死者を出してきた。

さらに、このクウェー川に掛かる橋は日本軍の攻撃によって戦時中に破壊され、戦後、日本によって修復されたというなんとも感慨深い橋なのである。



いまはすっかり観光地化されたこの橋を渡り、さらに先へ鉄道は進む。



この鉄道の旅、有名なのはクウェー川鉄橋なのだが、一番の目玉はこの50km先にある『アルヒル桟道橋』という橋である。

そこは300mにも渡り川の上を鉄道が走り、右側は山肌スレスレを通るという、ここクウェー川鉄橋よりもスリルが何倍もあるスポット。



photo:10

そこまで揺られること2時間。

夕暮れも過ぎ、辺りは真っ暗になった。



いつ川渡るか分かるかなー(笑)通り過ぎちゃうかも(笑)


これが日本だったら、鉄道にライトアップがされ、夜景の見えるデートスポットとして人気の観光地となるのだろう。


ただ、ここはタイ。

果たして、、、、




photo:09

photo:11


すっげーーーー!!!!!!


ライトアップされとるやん!!!!(笑)




本当にロマンチックな景色だった。

リアル銀河鉄道999だった。見たことないけど。


夜のアルヒル桟道橋、お勧めです。




そんな綺麗な景色も堪能したのもつかの間、本日はタムクラセー駅で下車をする。


タムクラセーに宿泊施設があるのか分からないが、それより先に行くと本当に大自然の中で野宿をしなければいけなくなる。

それだけは絶対に避けたい。真夜中に野良犬と格闘だけは絶対にしたくない。噛まれたら待つのは死のみ。


狂犬病発症時、予防接種をしていない患者の致死率、どれくらいだと思いますか?







99.99 % です。

つまり発症したら死。。

最も致死率が高い病気としてギネスにも載っているそうです。

犬ってのは怖くて、人間を殺している生物ランキングでも第四位にランクインしています。

(ちなみに一位は蚊で、二位が人間。この二つにもビックリだよね)


そんなん知ってたら怖くなるに決まってるやん、、、




そんなこんなでタムクラセー駅で絶対降りれるように外を凝視する。

車内には集落で過ごしているであろうタイ人数名しか乗ってない(笑)



そしてなんか田舎な駅に着いた。まさかここじゃないだろ。


そんで電車が発進。

ジッと外を見たら

『Tham Kra Sae』って看板が。


チャムクラサエ?タムクラ、、

タムクラセー!!!マジで!?ここ???え??


外にいたタイ人にタムクラセー!?ヒヤー!?って聞いたら頷いた!


やべぇ電車発進しちゃったよ!!速攻で席立って降り口へ!!



ちょまって!もう結構速い!
けど降りなきゃ、、降りなきゃ狂犬病との格闘が待っている。。


頭より身体が先に動いた。



飛び降りた





盛大に転けた。。



バックパックをクッションにして転けたからなんも怪我はなかった。

素晴らしい本能的反射神経。。


それより、こんな田舎駅で降りてしまったことへの思い切りに清々しくなった。

列車は遠のく、、

終電で列車で寝させてもらった方が安全だったかな、、、笑



頷いてくれたタイ人にゲストハウスかホテルはないかと聞く。



無いって。



これはこいつの家に泊めてもらうしかねぇな。。


そんな感じのこと聞いたけど、頑なに泊まれるとこなんてないよしか言わない。あとはタイ語でよくわからん。



しかも周りにめっちゃ野良犬いる。吠えてるし。てか足の周りに3匹くらい寄ってきてるし。


はんぱねぇなこれ(笑)


なんか集落みたいなとこまで着いて行った。タイ人10人くらいいた。

ちょっとベンチあったからしきりにstay here today OK? around here? no? みたいなこと聞きまくった。


首振るだけ。
あぁ、今日は野良犬と格闘か。。


それを覚悟したけど

なんか急に英語喋れる奴が

2km。トゥーキロメーター。リゾート。リゾートホゥテル。700バーツ。


とか言ってきた。

ホテルあんのかよ!!!!笑

けど2km遠いなー、、場所わかんないしな、、犬めっちゃいるし、、



近くにバイク持ってるやついたから乗せてくれないか聞いたら50バーツでいいよって!もう乗るしかない。



そしてリゾートまで乗せてもらった!途中の道見てたけどこれは力尽きてたわたぶん。くっそ林道だもん。


でも冷静に700バーツって高いな。この旅で一番豪華な宿泊だな。。


日本円にしたら2000円だけど、、満喫と変わらんけど、、笑


そんで着いたリゾート地。


photo:12


なんじゃここはーーー!!!!!


むっちゃくそリゾート。本当にリゾートだった。


カウンターで明日の始発の鉄道に乗りたいって行ったら送迎までしてくれるって。

神かよ。さすが700バーツ。。


しかも泊まる場所はバンガロー。

バンガローで宿泊ってやべぇな。。


50バーツで乗せてくれたおじちゃん。おれが貧乏に見えたのかお金はいらないって帰って行った。、感動した。。




そして鍵を開けてバンガローへ。



photo:13


!??!!!?!??



綺麗すぎ広すぎわろた。


この奥に

綺麗なトイレとシャワー完備。

換気扇エアコン電源テレビ冷蔵庫も完備。シャンプー石鹸トイレットペーパー完備。

ハンガーと洗濯物入れも。
てか冷蔵庫に水2本冷やしてあった。


最高かよ。。

下手したら日本のバンガローより綺麗。足柄とか相模原とかそこらへんのバンガローよりは確実に綺麗(笑)



ただ、Wi-Fiだけは繋がらないからネットのない一日を送った。

今までネットに頼りすぎてたかもな。。オフラインの快適な日だった。




シャワー浴びてダブルベッドに横たわって、なんか肩の力が抜けて安心した、、、笑



いやー、、これだから旅は楽しい、、、笑



明日は最終日、

タイで一番美しいと言われる『エラワンの滝』へ行く!!



くそほど楽しむぜ!!!



つづく


iPhoneからの投稿