読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I`m traveler of the life

人生を表現し、人々に感動を

東京が冷たいのか あなたが冷たいのか[同じ空がどう見えるかは 心の角度次第だからver]

 
 

 
 
 
 
「東京って、都会すぎて、冷たくて、人が多くて汚くて。。」
 
って言う人、すごい多いじゃないですか。
 
 
 
 
僕はそうは思わないです。地方も海外も最高ですが。東京も最高だと思ってます。
 
 
 
 
 
今回の記事は
 
「東京なんて・・・」と嘆く方々に、こんな見方もあるんだよと新しい視点を持って欲しい。そして、東京に住む人に誇りを持って欲しいので、書きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
1. まず、それは「東京」じゃない。
 
 
 
 
 
 
「東京って、都会すぎて、冷たくて、人が多くて汚くて。。」
 
まず、その東京は『東京』ではない。
 
 
 
 
 
都会すぎる東京。汚い東京。冷たい東京。そう聞いて思い浮かべるのは
 
 
 
「東京駅の駅前」とか
「山手線の満員電車の中」とか
「渋谷のセンター街」とか
「新宿の歌舞伎町」とか、だと思うんですよ。
 
 
 
 
少なくとも
 
「高尾山の山道」とか
「多摩川の河川敷」とか、ではないですよね。
 
 
 
つまり、東京の中でも「より都会なところ」にのみ焦点を絞って語られているんですよね。そういうところの「悪い部分」だけ抽出して語られている。
 
 
東京全体 ではないんですよ。
 
 
実際割とガチで論理的に考えるとおかしいですよね。渋谷の街が汚いから、東京が汚いとはならないはずです。確かに良くないところはあるかもしれないけれど、それだけで東京の全てを否定するのは、東京の良いところを見向きもしないのは、あまりにも可哀想です。
 
 
 
対人関係でもそうですが、第一印象で人を決めつけたり「あいつは◯◯をしたからもうダメだ」とか、決めつけることは良くないですよね。
 
 
 
 
みんな、東京をいじめないで!!
 
 
 
 
 
 
 
2. 僕が見た、東京の自然たち。
 
 
 
 
 
それじゃあ、どこが良いの!!!!!
 
本当に東京に自然なんてあるの!!あっても公園だけじゃないの!!!
 
 
 
 
さぁ、ヒステリックババアの登場です。これじゃあお嫁に行けません、
 
 
 
 
 
結論から言うと、そんなことないです。
マジでそんなことないです。
 
 
ってことで、僕が触れた東京の自然を、ちょっとだけ紹介します。
 
 
 
 
 
 
 
 
東京の自然たち紹介その1:新宿御苑
 
 
 
 
 
 

f:id:itotl:20151113190324j:plain

 
 
 
 
ちょうど、1年前くらいの写真です。
 
 
ここ、新宿から電車で30分。とかじゃないです。
新宿駅南口から徒歩10分くらいです。
 
 
スーパー綺麗じゃないですか? しかも、人も少なくて最強に落ち着きます。めっちゃ広くて開放感もあります。見所はいくつもあって、スーパーデートスポットです。
 
 
 
 
 
 
 
東京の自然たち紹介その2:奥多摩
 
 
 
 

f:id:itotl:20151113191845j:plain

 
 
 
もう何度も訪れている奥多摩
 
本当にエメラルドの水面です。夏は川で泳いでBBQ。もう2年連続でやってます。10mの飛び込みスポットも自分たちで発見したのでよく飛び込んでます。
 
 
空気も本当に綺麗で。駅前も登山客で賑わっていて。ただの自然が綺麗な観光名所です。東京の、冷たくて汚いと言われている面影が一つもありません。だってガソリンスタンドやコンビニが早く閉まって苦労するんですよ。電車が40分に1本くらいしか来ないんですよ。笑
 
 
さらに、ちょっと奥に行けば、奥多摩湖もあるし、もっともっと奥へ行けば有名な鍾乳洞もあります。
 
 
 
 
そして、もっともっともっともっと奥へ行けば、日本で一番高い山「雲取山」もあります。
 
ちょうど昨日、登山レポートをあげたので詳細はこちら。
 
 
 
 
 
 
奥多摩の可能性は無限大です。
いつか山籠りして未知なる山々を開拓したい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東京の自然たち紹介その3:多摩川
 
 
 

f:id:itotl:20151117215004j:plain

 
 
 
 
多摩川の魅力を知っている人は少ないかなぁ。
 
 
ここは渋谷近辺の「二子玉川駅」というところから徒歩5分の多摩川です。
夕陽が無限に綺麗で、ランニングしてる人や、散歩してる人をみると、平和だなーってなります。
 
この時は、警備のおっちゃんと仲良くなってね。こっちが旅の話をしてたら「俺もロシアに一人旅行ったぞ!」とか言ってて楽しかった。
 
「この曜日とこの曜日に来れば俺はいるからまた話そうや!」って、こんな出会いが東京でもあるんですよ。
 
 
 
 
 
ちなみに、まんたまんズの活動で撮影した多摩川の写真はこちら
 
 
 
 

f:id:itotl:20151117225053j:plain

 
 
 
 

f:id:itotl:20151117225136j:plain

 
 
 
 
 
東京だって、空は広いし、、清々しい気分になれるんですよ。
 
 
 
 
 
 
そんな感じで3つほど紹介しましたが、まだまだ自然はたくさんあります。例えば、僕の住んでいる吉祥寺にも、あの有名な「井の頭公園」があります。
 
 
 
その近くには「三鷹の森ジブリ美術館」もあります。
 
 
 
ちなみに、吉祥寺は 住みたい街ランキングNo.1 として有名ですが、地域でいうと西東京なんですよ。ギリギリ東京23区に入っていません。つまり、ここより西に行くとどんどん都会の喧騒から離れ、東京とは思えない地域が広がっていきます。
 
 
色んなところを訪れたことがありますが、無限に住みやすいですよ。神奈川にも、山梨にもアクセスしやすくなり、かつ、中央線で新宿や東京まで一本です。
 
吉祥寺より西に住もうと考えたことがあるでしょうか。中央線沿いは魅力的なところがたくさんありますよ。
 
 
 
 
 
 
 
3. 東京の3分の1は山です。
 
 
 
 
 
はい。
 
 
嘘だと思ったら、Googleマップを見てください。3分の1くらい「山」です。そうです。そこの左上の方、全部山梨じゃないです。そこ、東京です。現実を受け入れてください。
 
 
東京の西側は実際に訪れるとわかりますが、一気に冷え込みます。マジで空気が変わります。
 
高尾山とかもありますよね、頂上は無限に涼しいです。でもそれこそ奥多摩の方は、もっともっと標高も高く、もっともっと冷え込みます。冷え込みインフィニティ。
 
 
 
 
 
一時期流行った、こんな画像もネットから転載してきます。
 
 
 

f:id:itotl:20151117231237p:plain

 

 
 
 
 
 
ほとんどの人が東京のことを、一部だけに焦点を当てて話しているんだなぁと、よくわかる図。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4. 東京は、何でもあるんです。何でもできるんです。
 
 
 
 
 
 
 
1年半前に、日本一周から帰ってきた時に、素晴らしいと思ったんです。
 
沖縄以外の46都道府県を訪れて、綺麗なところも沢山行ったし、色んな人とも沢山話して、
そして、帰ってきてから、そう思いました。
 
 
 
 
 
奥多摩の大自然から、多摩川や、東京湾までもが、凝縮されていて
 
全世界にアクセスできる空港が2つも近くにあって
 
東京タワーやスカイツリーもあって、
 
都会ならではの夜景も綺麗で
 
原宿という、最先端のファッション街があって
 
浅草という、日本の文化を楽しめる場所があって
 
 
それでいて、渋谷や新宿という、最強に便利で、魅力的な人が集まる場所があって
 
どこでも電車が通っていてすぐに色々なところへアクセスできて、
 
最先端のものが流通していて、欲しいものは何でもすぐに買うことができて、
 
 
 
 
 
 
なんやねん!!!!ここは!!!
 
 
 
 
 
と、思いました。
 
( このころは正確には神奈川に住んでいたのですが、数日後に東京行った時にマジでビビった。。 )
 
 
 
 
海外や地方に旅に出て帰ってくると、確かに人の多さにウンザリもするんですが、その反面、良いところも際立って見えます。
 
 
なんでもある東京にビビって、プロアクションリプレイ使ってふしぎなアメ99個にしてる気分でした。ボーナスタイムやん。なんでもできるやん。って。
 
 
それと同時に、なんでもできるから甘えるんだろうな。悪いところを粗探しするんだろうな。とも思いました。隣の芝は青く見えるものですし、慣れって怖いです。
 
 
 
まぁとにかく、この瞬間に、僕は、自分が住んでいる神奈川を、そして東京を誇りに思いました。生活しやすいじゃんって。色んな人と会えるじゃんって。自分が好きなこと思う存分出来るじゃんって。
 
 
 
自分が住んでいるところくらいは自信を持って語れるようになろうと思って、それからというもの、なんでもかんでも、とにかく遠くに旅することは辞めて、近くのカフェや、隣の町を練り歩くようになりました。原点回帰インフィニティ。
 
 
 
 
 
 
5. 同じ空がどう見えるかは 心の角度次第だから
 
 
 
 
いろいろ考えた結果、これ なんだなと思いました。
 
 
つまりは、東京を冷たい、汚いと思うか、魅力的で便利だと思うかは自分次第ってことです。
 
ただし、東京は、どう捉えようとしても、なかなかメリットが考えられないような、どうしようもないところなんかではなく、捉え方次第では本当に素晴らしい環境であり、無限に可能性を秘めている地域なんだなと。
 
 
 
東京が冷たいなんてことはなく、もしかしたら、あなたが東京に対して冷たいだけなのかもしれません。クールに気取っててもいいけど、魅力的な東京はそこかしこに広がっています。同じ空がどう見えるかは心の角度次第なんです。中田ヤスタカさん、さらっと良い詞を書きますよね。笑
 
 
 
 
 
 
 
 
「渋谷の町はきたなくて」とか「あの地域は大学生がうるさくて」とかじゃなくて「こんなところもあるんだよ」とか「あそこがめちゃくちゃ綺麗だった!」とか、そういう言葉が東京を飛び交うようになれば、そのうちに、東京の魅力がどんどん広がっていく気がします。
 
 
地方の魅力も、海外の魅力も知っているからこそ、自分が住む「東京」に焦点を当てて書きました。少しでも、魅力が伝われば幸いです。ちなみに、何ヶ月か前から、東京の色んな所で日の出を見たり、朝活をしたりしているので、興味があれば連絡してください。毎朝早起きして色んなとこに行くのマジで人生の幸せ。極みの肉まん。
 
ぜひ、一緒に高尾山で日の出とか見ましょう。
 
 
 
 
 
僕はつけまはつけませんが、嫌いじゃないです。
 
どんなものも、心地よい角度で関わっていきたいものですね。
 
 
 
 
つづく。