読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I`m traveler of the life

人生を表現し、人々に感動を

Ocean is infinity -海は無限-《無計画ヒッチ1日目》

伊豆半島にいます。

もっと言うと
西伊豆在住の方の家にお邪魔しています。

田舎へ泊まろう成功です。

本日は6台の車に乗せて頂きました。

以下ダイジェスト。




昨日、サザンビーチで日の出を見ると意気込む。

しかし気づいたらお風呂の中で朝6時に。おかしい。

8時半にサザンビーチ到着。
気持ちよすぎる。

photo:01


あれ、東西南北、どこ行こう。
ここは海岸線だから東か西

photo:02


西に行きます。

海岸線止まるのかな。
すげー速そうだけど。

photo:03

速すぎる。一国戻ろっかな。笑
でも、いい場所見つけた

ヒッチスタート、20分後。

photo:04

1発目!
東海大学ライフセーバーやってる人たち。共通の友人いた。さすが地元。


photo:05

2台目。けーすけ。
日本大学やった。6人くらい共通の友人いた。さすが地元。


photo:06

3台目。ファミリーさんたち。
2歳の子が妖怪ウォッチみてた。
そして海がドやべぇ。綺麗すぎる。


photo:07

道の駅伊東マリンタウンで
気持ちよすぎて昼寝

1時間も寝ちゃった。


photo:08

4台目。自然が大好きな博物館勤務の女性。話が合ってすげーワクワクした。

photo:09


photo:10

白浜到着。マジで海がドやべえ。
行きたかったとこ偶然で行けちゃった。

ヒッチ中に女子高生に貰ったグミ食べる。美味しい。ありがとう。

photo:11

西伊豆の夕陽が綺麗と聞いたので西伊豆へ。間に合え。
ここで5台目。漁師さん。交差点まで助けてくれた。


からの歩いて伊豆急下田

photo:13

そして6台目!
日本人と韓国人のカップル。微笑ましかった。


西伊豆の夕陽に間に合った。


photo:12

photo:14

photo:15



凄まじく綺麗。圧倒された。

伊豆の夕陽はココ、堂ヶ島で見るべき。


写真の釣り人と話していたら
家に泊めてくれることになりました。


photo:16

ご家族の方たちが暖かく迎えてくださり、今は、この地元通信を読んでいます。


photo:17


この旅は成功だと思う。

なぜなら西伊豆で夕陽を見るなんて想像も出来なかったから。
そして、地球の素晴らしさに感動をしたことに偽りはないから。


そして何より、圧倒的に幸せ。

偶然の出会いを通して、未知の経験をしている。

目的地のない旅、お勧めする。




そして、今回のヒッチハイク
全て20分以内で捕まっている。

これは運だけじゃない気がする


今回はヒッチを待っていて
緊張するとか退屈だとか全く思わなかった。

正直、初めてヒッチやった時は「なんで止まらんねん!」と一憂することが何度かあった。


でも今回は
待ってるだけで心から楽しんでいた。


心の叫びはオーラに現れるのだと思う。

もしかしたら
初回のヒッチでは負のオーラをまとっていたのかもしれない。

そして今回は
幸せなオーラをプンプンに撒き散らしていたのかもしれない。


人はそれを感じ取ることが出来る


今日乗せて頂いた韓国人の女性の方も、日本語ペラペラ、純日本人な顏なんだけど、第一印象で、何かが違うなと感じ取った。


直感力。経験から蓄積されるのだろうか。

また、動物の本能的な危険察知能力に通づるものなのだろうか。


心のシンパシーのようなものを実感した。

オカルトチックな話やけど

うまく使いこなせればコミュニケーションがより円滑になると思う。



おやすみなさい。

明日はどこへ行こう。




p.s.

今泊まっている家の奥さんの弟が二子玉川でやっているお店

二子玉川メレンゲハウス』

全国で唯一
メレンゲで作った手作りお菓子の販売をしている。

凄まじいクオリティの高さに
つい食べたくはなれない逸品。笑

テレビの取材も何度も来ており、渋谷ヒカリエで出店したこともあるという圧倒的な有名店。


そんなお店が
弟さんがヨーロッパに旅立つことを機に、3月末で閉店を迎えてしまいます。


僕が旅中に偶然行ける確率は
サガミオリジナルの薄さと同じくらい低いと思うので、ぜひ皆さんに訪れてみて欲しいです。


食べログ
http://s.tabelog.com/tokyo/A1317/A131708/13133982/


以上

旅はつづく


iPhoneからの投稿

広告を非表示にする