読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I`m traveler of the life

人生を表現し、人々に感動を

「趣味は自分で作るもの」無限会のバックグラウンド公開! - Why do you say "infinity" ?

 

 

無限。ぼくの好きな言葉である。

 

使い始めて1年半ほど経つ。よく聞かれるのだが、僕の中の定義ではギャル語から一般にも認知された「ヤバい」の究極完全態グレートモスであり、感嘆語である。調子に乗って使っていたら周りの友人も使うようになり、知り合いに会うたびに無限、無限と言われるようになっていた。一体どのくらいかというと、Facebookでの誕生日お祝いコメントの半分に「無限」という言葉が含まれているくらいである。自分のブランドへと変貌を遂げていて無限に驚嘆している。

 

 

 

人間は好きなものを無限に食えるのか? をコンセプトに開催していた「無限会」

 

先日、第22回目の有限餃子1000を開催して、餃子を1000個食べる挑戦をしたが、目標で鼻高らかに100個は余裕とほざいていた者たちは誰一人として100個を越えずに、全体で750個であえなく撃沈。僕は当日135個食べたにも関わらず、1週間で250個の餃子を食べるはめになった。

 

そんな無限会が3月27日で最後を迎える。

ちょっと振り返ってみようと思ってこのブログを書くことにした。

 

 

 

………………………………………………………………

 

僕は2年前の、まさにこの時期に原付で日本一周をしていた。

体感温度マイナス15℃の極寒の中、日本全国を走り回っていた。

 

生死を彷徨う体験や、数々の出会いを通して、やりたいことが見つかったのだ。そう、「カフェを経営したい」ということだ。日本全国の美味しいもの、日本全国の魅力的な人が一箇所に集まって、そこでワイワイできるカフェを作れたら、たのしいなーと漠然と思ってた。そこからすぐに行動に移し、経営・ビジネスについて学び始めたわけだが、結局、根本的にやりたいことは全然違った。

 

実現したいのはカフェを経営することではなく、魅力的な人が集まる空間を作ることであった。もっと言えば、そこでの価値観の共有がなされることで、さらにもっと言えば、感動を生み出したいということであった。2週間ほど家に引きこもり、ひたすら自己分析をして、やっと自分なりの軸を見出した瞬間であった。この瞬間は非常に心が軽やかになり、もっと自分のありのまま生きていいんだ。と、肩の力がフッと抜けた。そんな大学2年の夏は非常に濃ゆかった。

 

そんな経緯で無限会は爆誕する。 え?? と思うだろうか。たしかに、表面だけ見れば、友人を集めてワイワイやっているだけだが、僕は自分の見たかった世界を作っている実感があった。「無限」という言葉に惹かれる人たちは、言葉の抽象度が高いゆえに同じ色ではない、同じネットワークを持たないものが集まる。都合の良い解釈により、回数を重ねるごとに面白い空気が作られていく。この感触がたまらなく楽しかった。もう一つのビジョンを実現できているなと自信を持てる日々が始まったのだ。僕は無限会を開くたびに、カフェを経営しているオーナーと似た高揚感を得ていると思う。今日はどんな人が来てくれるのだろう。今日はどんな会話が繰り広げられるのだろう。少人数がゆえに行われるコミュニケーションは深く、時にはまじめに、時にはバカみたいに、そして、時にはバカみたいに話が進む。

 

我ながら面白い空間が作れたと思っている。無限という言葉も、チープさはなく、名前負けをするほどでもない看板なだけに、汎用性が高い。うまくバランスが整っているなと感心する。

 

 

 

f:id:itotl:20160307105738j:plain

 

 

 

過去に22回の開催をし、述べ200人以上が来てくれている。無限ジンギスカンでは34人が参加してくれ、6畳の部屋でギュウギュウになっていた。数名はシャワー室でジンギスカンを食べながら談笑していて、それはそれは楽しそう(?)であった。

 

 

ちなみに、今では無限会という名前で開催しているワケだが、実は高校の頃から何も変わっていないのである。その証拠はこちら

 

 

 

f:id:itotl:20160307105516j:plain

 

 

f:id:itotl:20160307105531j:plain

 

 

f:id:itotl:20160307105550j:plain

 

 

f:id:itotl:20160307105607j:plain

 

 

f:id:itotl:20160307105621j:plain

 

 

f:id:itotl:20160307105634j:plain

 

 

f:id:itotl:20160307105646j:plain

 

 

f:id:itotl:20160307105705j:plain

 

 

 

そう、何も変わっていないのである。。いつもついてきてくれる仲間はいて、いつでも面白いと思うことは変わらない。受験期に「激辛マニア」を食べ過ぎて過敏性腸症候群になって死にかけたあの頃は絶対に忘れない。この楽しさは確信している。

 

ゼロから人を巻き込んで気付いたら無限会になっていた。高校の頃から企画構築をしていたと言っても過言ではない。バーガーキングを必死で食べていた過去にも意味があったようである。この積み重ねで出来上がっていっている。趣味は自分で作るものである。自分で人を巻き込み、自分で世界を、空気を作っていく。これがめちゃくちゃ楽しい。世界を作ることが究極の自己満足なのである。

 

 

 

 

そんなこんなで、無限会ファイナルが開催されます。

 

3月27日 9:00〜33:30@六本木

 

 

今回のコンセプトは「本当の無限をキミに」である。必ずやあなたに本当に無限だったと言わせる自信があります。メンバーもカオスにするつもりなので、年齢も、コミュニティも、価値観も、ゴチャゴチャに混ぜてます。ここからどんな化学反応が起こるのか。どんな伝説が出来上がるのか、僕が一番楽しみにしています。

 

このイベントで何かを受け取ろうとするのではなく、何かを差し出そうとする態度で是非来てください。「俺の無限はこれだぜ!」くらいの勢いで来てくれると面白いなぁと思います。そのくらいの野生っぽさを曝け出せる空間が、あっても良いんじゃないかなと思っています。

 

 

22:00〜24:30
ウルトラコンテンツその1

無限飲み会

24:30〜29:00
ウルトラコンテンツその2
無限スポッチャ

29:00〜32:30
ウルトラコンテンツその3

無限ライジングサン

32:30〜33:30
ウルトラコンテンツその4

無限ラーメン二郎

 

 

これらのウルトラコンテンツは激アツくします。

 

好きな趣味には全力で挑みます。プライベートな遊びと割り切っているからこそ、全力で取り組みますし、全力で楽しみます。楽しませます。ぜひ来てください。無限によろしくお願いします。

 

 

無限会ファイナル 特設サイト

 

f:id:itotl:20160307113332p:plain

 

こちらをクリック!

 

 

 

参加登録フォーム 現在 80名参加予定

(第3パートは募集締め切りました。)

 

docs.google.com

 

 

可能性は無限インフィニティ。

 

 

つづく。