I`m traveler of the life

人生を表現し、人々に感動を

タイマンこそ人生。

 

FROM 梅田のサンマルク 大阪最高。

 

昨日の続きのような記事ですが、よく考える中で好きなこと。

あなたが人間なら、正々堂々、1対1で戦いましょうやって話。

 

 

 

例えばfacebookで、めっちゃドヤってコメントしてくるやつとかいるじゃないですか。

きみ、リアルの人間関係もっと地味でしょってやつ。

 

 

 

あと、複数人で、攻めて来るタイプ。

恐らく自分のことをザコだと認識しているのでしょうが、いじめは犯罪です。

 

 

 

 

空気感や、人間関係、集団心理を武器に攻撃してくるのは、素手で挑んでる相手に対して、ものっそく失礼じゃないかなと思います。

 

 

 

 

前提として、どっかの暴走族の総長だって、

高校生1000人を相手にしたら倒れます。

 

 

 

 

当たり前です。手は2本、足は2本、頭突きが得意でも合わせて5部位でしか攻撃できません。6Vはポケモンの世界の幻想です。

 

 

 

なので、強いやつも、集団には勝てない。

2ちゃんねるで、有名人や企業のネガキャンとかありますが、あれもリンチです。

 

 

 

そもそもネガキャンって概念自体が、いじめ肯定の助長をしているように思えますが

 

 

 

ニートが1000人集まって「文字」というものを武器に、ぶっ潰しに来られたら、たまったもんじゃありません。誰だって怖いですよね。

 

 

 

 

 

話はそれますが、言い換えれば

ルールを変えれば、誰にでも勝てるということ。

 

 

 

 

この考え方はヤンキー同士の殴り合い、決闘だけでなくビジネスにも応用できるというのが目からハートのウロコ。スポーツで、ルールを変えるって出来ないけど、経済活動に人数制限はない。なぜか? 

 

 

 

本質的には他者に迷惑がかかるのは「いじめ」他者にバリューを与えるのが「ビジネス」だと思うので、僕は競合他社にバリューで勝ちに行くのはすんごい良いことだと思います。

 

 

 

(副業が禁止だったりするかもしれないけど、別に会社を辞めるのは自由じゃん?)

 

 

 

 

 

 

話を「いじめ」に戻すと

個人 VS 複数

 

 

 

 

は、そもそも負けを認めている証拠です。複数が。

試合に勝っても勝負に負けているような感じです。

 

 

 

 

僕は空気をコントロールするのも得意ですが、私利私欲で、

自分が勝てない相手に、友達を連れて倒しにいこうとしたことはありません。

 

 

 

 

自分より強いやつへの圧倒的な敬意があるからです (自分で言っちゃった)

「強い」ってなんやねん? って話わかりますが、イメージです。

 

 

 

あるでしょ。こうなんか、

「こいつには勝てない」「オーラがすごい」「格上だ」みたいな感じ。

 

 

 

あれって、動物的な生存本能からくる、危機管理能力が働いているらしいですよ。

 

 

 

ちなみに、ミツバチがスズメバチをリンチで倒すみたいなのは、清々しいなと思うんですが、人間は人間を殺さずとも生きていけるので、人を殺す必要がないんですよね。

 

 

 

 

だからいじめどうこう以前に

そもそも『人を殺す』という事象が存在するこの世界は、おかしいし

 

 

 

あまりにも未熟だなあと思います。

まさに幕末。

 

 

 

 

ほんともう汚いので、世の中を洗濯しないといけませんね。

ちょっと臭いし。

 

 

 

 

 

 

f:id:itotl:20170518084650p:plain

 

 

 

 

 

 

 

未来の坂本龍馬吉田松陰がいたら、一緒に力をつけて世直ししましょう。

 

 

 

 

男なら、素手でタイマン。だし、何より

勝ちたいなら、タイマンじゃないと、おもしろくないよね。

 

 

 

 

 

って話でした。

 

広告を非表示にする