I`m traveler of the life

人生を表現し、人々に感動を

【画像バカマシ!! 過去40食分の二郎レポ付き!!】そろそろ終盤。ただの大学生がジロリアンになるまで。【ラーメン二郎チャレンジ】

 

FROM 新宿シェアハウス

 

 

まずはじめに、

宮代は、趣味が多いことで有名である。

 

 

よく「趣味がないんだよね」という人と話すが、本当にオススメしたい趣味が山ほどある。

 

だけど、その全てを伝えることは出来ないので、僕がオモシロイと思っていること、ハマっていることを

このブログに、包み隠さず全て書いていこうと思う。

 

 

 

まずは、コチラ。

 

 

 

ラーメン二郎

 

 

f:id:itotl:20170906113601j:plain

 

 

 

 

言わずと知れた、ラーメン界に大きな影響力をもたらした「ラーメン二郎

そのボリューム、油の量、そして独特の店内の雰囲気とコールが話題を呼ぶ、なんとも思想の強いラーメンである。

 

 

しかし、そのネームバリューに引けを取らない、味のクオリティ、完成度の高さ、中毒性のある麺、スープ、豚。全てにおいて「これぞ二郎」というブランドを確立している。

 

 

「二郎はラーメンではなく二郎という食べ物である」

 

 

 

という格言があるくらい。社会の中で二郎というイメージの存在感、先入観はすごい。

実際に、どの二郎も大体30分〜2時間ほど並びがあり、人気は未だ続いている。

 

 

並んでいる最中の、空気を読む緊張感、おやっさんの真剣な麺揚げ、殺伐とした中のコール、そして食いきれるかどうかの己との戦いなど、

単なる味だけではない、付加価値こそ、二郎人気の秘訣なのではないかと思う。

 

そういう意味では、分類的にはただの豚骨醤油ラーメンであるが、ラーメンではなく二郎であると表現するのも、多くの価値が混在して成立する作品だからなのではないかと、少し声を荒らげてみる。

 

 

 

そんなラーメン二郎が好きで、大学1年生から、僕の二郎ライフはスタートしている。

 

正確に覚えていないが、最初の店は地元の「湘南藤沢店」だったか、大学最寄りの「神田神保町店」だ。

 

完食後の「もう一生食べたくない」という恒例の感情と、翌日の「二郎食べたい」という欲求、この新しい麻薬かと思うくらいの心のサイクルが、なんとも依存的でかつ、哲学的で、

料理ひとつで、ここまで人間の深層心理をコントロールできるのかと、感動したのである。

 

 

それからというもの、僕は二郎の虜になっている。

 

 

 

 

 

その上で、僕は4年前に、己と誓った約束がある。

 

 

 

 

ラーメン二郎全店制覇する。

 

 

 

 

これである。

 

 

僕は性格上、オタク気質というか、コレクターなところがあり、

好きなものに、どっぷり浸かる傾向がある。

 

 

二郎もその一つの対象になってしまい、僕の感情はただひとつ、

「全ての二郎を完食して、自慢したい。」

 

 

もはや、誰に自慢できるのかも分からないが、恐らく自分に自慢をしたいのだろう。

過去の自分に、全店本当に行ったぞ、と声高らかに話したいのだろう。

 

 

エビデンスとして、高校生の時も、似たチャレンジをしている。

松屋チャレンジ』という、松屋のメニューを左上から順番に全て食らうという挑戦である。

 

 

 

 

f:id:itotl:20170906115130j:plain

 

 

 

ちなみに、すべてのメニューを食べてみてのランキングだが、僕はこうだ。

 

1位 牛丼大盛+生卵+七味無限

2位 デミたまハンバーグ定食

3位 ネギたま牛丼

4位 ビビン丼

5位 おろしポン酢牛丼

 

 

ノーマルメニューの気品の高さが伺えるだろう。なんとも素敵な牛丼屋である。

 

 

 

 

話は逸れたが、こういう感じで、飲食店のコンプリート癖がある宮代は、

高校生では発揮できなかった経済力と時間の自由を駆使して、ラーメン二郎全店制覇に挑むのであった。

 

 

 

以下、僕の遡れる限りのツイートをシェアしようと思う。総計40食分だ。

 

最初は画像とコールだけだが、途中からレビューも。

ごちそうさま後の、心を込めた「ウンメエ〜!!」が描かれていて、とても貴重な思い出たちである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上である。ご堪能頂けただろうか。

実はだが、1年半前ほどに、縁があって二郎でお手伝いさせてもらっていた経験もあり、ラーメン二郎への想い入れはとても強い。

 

界隈の、おやっさんや、社員さんたちの笑顔や、その独特の世界観は今でも忘れられないものとなっている。

そういうわけで、賄いやインスパイア、ここに載せるのを忘れている二郎も含めると、

 

【150杯】くらいは、食しているのではないかなと思う。 

 

 

 

気付けばジロリアンと、呼ばれる程度の実績となってしまっていることに、自分が一番驚きである。ニンニクマシマシ食費カラメである。経費150×800円=12万。待ち時間150×1時間=150時間。ハイリスクハイリターンな、なんとも恐ろしい投資(?)である。

 

 

 

そんなわけで、どっぷり浸かった二郎チャレンジだが、そろそろ終盤である。

 

 

✔ 三田本店 
✔ 目黒店 
未 仙川店 
✔ 新宿歌舞伎町店 
✔ 品川店 
✔ 新宿小滝橋通り店 
✔ 環七新新代田 
✔ 八王子野猿街道店2 
✔ 池袋東口店 
✔ 新小金井街道店 
✔ 亀戸店 
未 京急川崎店 
未 府中店 
✔ 松戸駅前店 
✔ めじろ台店 
✔ 荻窪店 
✔ 上野毛店 
未 京成大久保店 
未 環七一之江店 
未 相模大野店 
✔ 横浜関内店 
✔ 神田神保町店 
✔ 小岩店 
✔ ひばりヶ丘駅前店 
✔ 桜台駅前店 
✔ 栃木街道店 
未 立川店 
✔ 千住大橋駅前店 
✔ 茨城守谷店 
✔ 湘南藤沢店 
未 西台駅前店(仮店舗) 
未 中山駅前店 
✔ 新橋店 
✔ 仙台店 
✔ 札幌店 
✔ 会津若松駅前店 
✔ JR西口蒲田店 
未 新潟店 
未 川越店 
✔ 京都店 


 
11店舗 未訪問
29店舗 訪問
 
 
 
未訪問がまだ11店舗もあることに驚きだが、訪問済み二郎へのリピートが半端じゃない。これからは、既存二郎への訪問は極力減らし、コンプリートという、結果に忠実な行動へシフトしていこうと思う。
 
 
 
そんなこんなで、僕の二郎ライフは、もう少しだけ続く。
 
 
 
皆さんも、こういうくだらない趣味を、もってみると
少し人生が豊かになるかもしれませんよ。
 
 
 
 

 
 
 
 
つづく