I`m traveler of the life

人生を表現し、人々に感動を

"ROCK IN JAPAN FES 2017" を 27万4000人 と作り上げてきた話。

 

8月12日(土)  rock in japan fes 2017 に参戦してきました。

 

 

 

rijfes.jp

 

 

2年ぶりというだけで、すごく期間が空いた気分になりました。

 

おととし、感動の勢いでブログを書くと、見てくれた方から「これを読んで感動した!と」20人くらいの方からメッセージをもらいました。うれしかったです。

 

 

itotl.hatenablog.com

 

 

僕は文字を書いているだけだし、何より楽しませてくれたのはロッキンだから、謙虚になるのだけど、それだけではなくて僕も参加者の一員として、

 

これを読んだ人に、少しでも感動してくれたら嬉しいなあと思うので、今回も書きます。

 

 

 

 

 

8月12日(土) 出演アーティスト

 

 

f:id:itotl:20170816151839p:plain

 

 

高校の頃から好きだった「RADWIMPS」を生で見たかったから。

日程は、これが決め手でした。

 

僕は、BUMPの次にRADが好きで、たまに残念なこと、ミーハーと言われますが、好きなんだから関係ねえだろと、7年間、聴き続けています。そんだけ人気があるアーティストを好きでいること、誇りに思います。

ちなみに「君の名は」も大好きで、もう10回くらい見てます。一昨日も見ました。

 

 

前前前世で大ブレイクして、

これだけ表に出たRADWIMPSが、どんな表情で歌を歌うのか、気になったのもあります。RAD色に染めるのか、ロッキンの色に合わせるのか。

 

取り急ぎ、スパークル聴けたら死んでも良いなくらいに。

 

 

 

今回は、高校生のころからめちゃんこ仲良くしてる子と、

ふたりで行ってきました。

 

朝イチで出発して

地元から国営ひたち海浜公園まで、出演アーティストの曲を流しながらドライブでした。

 

 

天気予報は生憎の雨。

朝も雨。

でも、近づくにつれ小雨になり、曇になり、最後は快晴でした。

 

 

これは僕が本当に"晴れ男"だからなので、

当日の参加者は感謝するように!

 

そして、

 

 

 

 

翼のゲートをくぐり、僕のロッキンが始まった。

 

 

 

 

f:id:itotl:20170816155038p:plain

(画像:https://rockinon.com/quick/rijfes2017/detail/165051)

 

欅坂46

M1 サイレントマジョリティ
M2 語るなら未来を…
M3 大人は信じてくれない
M4 月曜日の朝、スカートを切られた
M5 エキセントリック
M6 二人セゾン
M7 世界には愛しかない
M8 危なっかしい計画
M9 不協和音
 
 
 

僕のロッキンは始まったのだが、厳密には

始まっていた、というほうが正確だろうか

 

到着したとき、

欅坂46の既に何曲目かが、始まっていました。

遅れちゃいました。。

 

 
 
入場、
 
 
 
興奮冷めぬまま、人混みの中、
 
 
 
 
LAKE STAGE前から、
GRASS STAGEへ移動する
 
 
 
 

f:id:itotl:20170816161034j:plain

 
 
 
ミニオンのTシャツ書いたかったけど、破滅していた。
右上に、ミニオンだけ売り切れたって書いてある。
 
むげんに、にんきすぎ、、、、、!!!
 
 
 
 
 
GRASS STAGEうしろ
 
欅坂46を横目に、テントを立てられる場所を探す。
 
ロッキンは、テントやイス、レジャーシートゾーンがあり、
フェスで疲れたくない!という人向けのブースがある。
 
前回は、最前に何時間もいたので、
ゆっくりまったり見ようという趣旨。
 
 
テントを立て、ステージ近くに行く準備をしながら
欅坂を聴く。
予習していた『エキセントリック』流れてる。
 

いっつもおもう。

 

 

 

 

ほんとにいる!!!

 

 

 

 

当たり前だけど、テレビやYoutubeで見たアーティストが今

まさに

目の前で

 

歌っている、

観客と一体化している

 

 

その様子をみるだけで、楽しく心が躍る。

これはライブならではの感情。

まあ僕、ミーハーなんで。

一般の人なので。

 

 

AKBも、乃木坂も、ライブや握手会にすら行ったことがない僕は

彼女たちのライブを初めてお目にかかり

秋元康さん、すっげーの作ったなあとリスペクトした。

 

 

 

欅坂は、中高生の反撃というか、社会への抵抗をコンセプトとしているような

そんな印象を、MVから感じていた。

あの子たち、全然笑わないし、なんなら怖いし

 

僕は、彼女たちも、秋元康も、

プロ意識すげええって思った。

 

大画面に映る彼女たちの表情も「可愛い!」

というよりは「カッコイイ!」

もしくは「怖い!」

 

に近く、歌や踊りだけでなく、こうやって

コンセプトや一体感、共通認識って感情を動かすと、

ほへーーと思った。

 

でも、彼女たちと仲良くなりたいなーって思うのは

男心なのだろうか。笑

あんまり知らないから、知りたくなった。

 

 

最終日の一発目が、欅坂46というのも、

どういう意図なんやろ、でもあってる気がした。

 

 

 

とにかく「僕の中のロッキン」が本当に始まった。

テンションは最高潮に達していた。

 

 

 

 

 

 

f:id:itotl:20170816160627p:plain

(画像:https://rockinon.com/quick/rijfes2017/detail/165052)

 

miwa

M1 君に出会えたから
M2 シャイニー
M3 441
M4 アイオクリ
M5 ストレスフリー
M6 chAngE
M7 Faith
M8 ヒカリヘ

 

 

miwaめっちゃ可愛い!!! 

 

 

 

いや、まじで。 笑顔マックス。

 

あの1ミリの汚れもない笑顔は

なんなん!

 

 

 

最初から見れました。

結構、知ってたので曲はノリノリ。

 

てか、大スクリーンの画質よすぎて、

miwaの笑顔、シワまで見える。

ほんで、

  

 

超かわいい!!!!!

 

 

ほんと、1瞬たりとも、笑顔じゃない時がない

なんなんだmiwa。

これは本当に、心の底から、ロッキンを楽しんでるんだろうなあって

感じ取った。

 

アーティストも、これが生きがい。

自分の作った歌で、自分を見てくれて、喜んでくれる人がいる。

なんて、最高なんだろう

ぼくが想像するだけで、ニヤニヤしてしまう。

 

一体、どんな気持ちで?

テンションの高さが想像つかない。

そりゃー、ずっと笑顔でいる理由もわかる。

 

 

ほんとに純粋な声と音。

ずっと聞いていたい。

 

女性のシンガーソングライターとして、ロッキンに8年連続。

すっげえ。

 

数あるロックバンドから、セレクトされたのがmiwa

めっちゃうれしいんだろうなあ。

実際、本当に感動した。

 

 

最後の『ヒカリヘ』は

 

 

miwa「弾き語りで、歌っていいですか?」

 

 

って、あっ、ほんとに自分から歌いたい曲なんだなあって

 

当たり前だけど、ほんもんのアーティストだなあって

力強いなあって、自分の足で立ってる人だって、

 

アコースティックギターと声から、それが心に伝わってきました。

彼女もブログに思いを書いてました。

また来年も聴きたいです。

 

lineblog.me

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:itotl:20170816162408p:plain

(画像:https://rockinon.com/quick/rijfes2017/detail/165067)

 

Aqua Timez

M1 虹
M2 つぼみ
M3 ヒナユメ
M4 決意の朝に
M5 生きて
M6 MASK
M7 等身大のラブソング
 
 
 
ミニオンが破滅だったのでスヌーピーのTシャツ買いたくて、
お金を取りに車に戻ろうとしたら
「大丈夫だよ 見上げればもう」って聴こえてきた。

 

やっべ、タイムテーブル見間違えてた。でも大丈夫

ちょうど、LAKESTAGEの目の前だったので、最初から見れるという強運。

 

 

 

アクアタイムズって、みんなに愛されてるなーって思いました。

みんな曲知ってるし、認知ってだいじや、おもった。

 

天気からも愛されてたようで、ここで曇り空から

パーーーっっと太陽が出てきました。

「大丈夫ほら 七色の橋」 ってまじやん

 

太陽くんは、ずいぶんLAKE STAGE見たかったようで、

紫外線マックス、急に夏らしい、アツいロッキンへと変貌を遂げる。

 

そもそも雨予報なのに、全然不安じゃなかった、ほんとに晴れたし

やっぱ天気も忖度ってできるんやな!笑

 

 

 

いつまで経っても、色褪せないアクアタイムズ

もう何年前の曲ですかって、思うのに始まると、

いやあいい曲って、なるし、ボーカルの太志くんめっちゃポップやし、

 

lineblog.me

 

 

 

応援したい 聞いていたい 愛したい と思われるグループやなあって

 

太志くん、声はめっちゃ高くて、遠くまで届くのに

爆音でも、煩いってより和むような

リズムも、踊るような感覚を、届けてくれる方たち。

 

気付けば、快晴で

太陽くんも、最前で『等身大のラブソング』を聞いていました。

 

 

まじアツかった。熱気。

最高したっ。

 

 

 

 

 

 

f:id:itotl:20170816164037p:plain

 

f:id:itotl:20170816163927p:plain

(画像:https://rockinon.com/quick/rijfes2017/detail/165055)

 

 

きゃりーぱみゅぱみゅ

M1 CANDY CANDY
M2 PONPONPON
M3 にんじゃりばんばん
M4 最&高
M5 インベーダーインベーダー
M6 み
M7 きらきらキラー
M8 原宿いやほい
M9 もんだいガール
M10 ファッションモンスター
M11 つけまつける
 
 
 
 
 
はい。カワイイ。
むげんに、すきです。
 
 
 
もう最高。
たぶん死ぬまで僕のアイドルです。
 
 
きゃりーぱみゅぱみゅ大好きすぎる。
夏フェスで聴くのは『JAPAN JAM BEACH』以来の、2回目。
 
 
 
きゃりーぱみゅぱみゅへの想いを綴らせて下さい。
 
きゃりーちゃん、僕とカラオケに行きましょう。
だいすきなんです。
一緒にカラオケで歌いたい!!
もしブログ見てたらTwitterでフォローしてるのでDMください。
 
以上。
 
 
マジで、一緒にカラオケに行くのが夢です。
なんかセッティングされたとかではなく、プライベートで
カラオケ行こうよって、ふたりで!
 
 
そういう楽しさを届けてくれるとワクワクしちゃうのが、
きゃりーぱみゅぱみゅという女の子。
ほんとに、声も、仕草も、言葉も、ファッションも、魅せる全てに
 
カワイイが詰まってる。
 
 
 
可愛い!じゃなくてカワイイ!
 
 
 
であるところも、ポイント。
 
可愛いって主観的なんだけど、
カワイイって、客観的なんですよね。
 
まあこれは、僕の"可愛いセンス"ですが
 
そこらへんの基準を、うま〜くまとめて「カワイイ!」を世界に表現しているのは
紛れもなく、このきゃりーぱみゅぱみゅというアーティストです。
 
 

 

 

 

Twitterのつぶやき、ほんとカワイイ。もーやばい。

今回のライブで、きゃりーぱみゅぱみゅのセンスを改めて目の当たりにしました。

 

 

検索すると、女子高生時代、ニコ生時代の動画とか出てくるんですけど

その頃から、きゃりーぱみゅぱみゅの伝説は始まっています。

 

 

自分らしさ、ひとと違う、自由に生きる、

個性、好きを突き詰める、自分のワールドを作る

 

 

 

そんな素敵で、ハッピーな
生き方、ライフスタイル、ハートの持ち方
これを教えてくれるのが、きゃりーぱみゅぱみゅです。
 
 
もっと気楽にいきよう、もっと自分が好きな世界を生きよう
自分の好きを、どんどん周りに伝えていこう
 
 
好きっていいなよ!!!!
 
 
 
そんな提案を、すごくポップに、ロックに、可愛らしく
やってくれちゃう。
 
25歳の女の子にしては、おっきくて、子供のまんまで
人間として尊敬しています。
 
 
たっぷりのKPPワールドが、GRASS SRAGEに広がっていました。
まじでハロウィンライブ行きます!
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:itotl:20170816165639p:plain

 
 

ポルノグラフィティ

M1 今宵、月が見えずとも
M2 メリッサ
M3 アゲハ蝶
M4 THE DAY
M5 渦
M6 Mugen
M7 オー!リバル
M8 ハネウマライダー
M9 アポロ
 
 
 
 
 
初ロッキンだというポルノグラフィティ
ぼくが感動したのは、曲以上に、盛り上げる空気作りでした。
 
 
 
ロッキンも終盤、この次は最終アーティスト。
夕暮れ時に差し掛かり、晴天の青空も、徐々に赤く染まっていく。
そんな緊張感と、哀愁漂うステージに登場したポルノグラフィティは、
 
 
イッキに
熱の入った空気で
飲み込んでいきました。
 
 
 
 
ポルノ、すげえと思った。
初ロッキンで、ロックの文化もわかんねえよ、みたいなこと言いつつ
全部持ってったじゃん!
みたいな
 
 
 
曲を知ってるのはあるけど
恐らく、ファンでもなくって、ぶっちゃけ
RADWIMPS待ち、みたいなお客さんが少なくない。
 
そんな中、この人たちは、
待つ人達を、自分の時間に染めていった。
 
 
 
喜びあふれる時間に、一瞬で、変えていった。
 
 
 
 
なにより、声。
あの声が、そうさせているのだろう。
 
クセのある、声量のある岡野さんの声が、スーーッっと
心地良く、ロッキンの空気とセッションしていく。
 
そんな光景を、人々は感じ取って、
笑顔で、手を天に挙げ、叫ぶ。
 
夏フェスに相応しいといわんばかりの熱量を
今でも覚えている。
 
 
 
根強いファンが多いのが、すごくわかった。
惚れちゃう空気を演出してきました。
やられたわ。
 
 
 
ベテランアーティスト。プロの風格。
といったところでしょうか、
 
活動開始が1994年
僕の生まれた年なので、ポルノは23歳。。
 
 
23年間も、アーティストやってるって、でっけえわ。。
ほんとに、感動したし、心高まりました。
ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 

f:id:itotl:20170816171058p:plain

 

f:id:itotl:20170816171158p:plain

 
 

RADWIMPS

M1 夢灯籠
M2 前前前世
M3 05410-(ん)
M4 棒人間
M5 スパークル
M6 DADA
M7 おしゃかしゃま
M8 いいんですか?
M9 君と羊と青
EN1 トレモロ
EN2 有心論
 
 
 
 
 
ロッキンのトリは、いつもずるい。
だって時間が、夕方から夜になる瞬間だから。
片割れ時に、始まるのだ。
 
 
太陽が夜空にバトンタッチ
「お前らも見てこい」と
笑顔で送り出したその先には、スタッフさんの作ったステージとその光
RADWIMPS、ロッキンに来たみんなの魂、大いなる大地と夜空で包まれる
そんな空間が現れる。
 
 
ぼくらだけの空間。
ここにいるものだけが、味わえる
歓喜の瞬間。
 
 
ステージ近くまで足を運び、今か今かと始まりを待つ。
この、30分。
この30分がたまらない。
どこを見渡しても、始まりの時をまつ、希望に満ち溢れた人々。
 
「まだ?まだ?」と期待を高める。
僕の胸も、抑えられないワクワクで溢れていた。
 
 
そして、はじまる。
 
 
 
夢灯籠』のファーストフレーズが、音響ミス。。
そんなの吹き飛ばす人々の黄色い声。
 
 
ついにきたーーーーーーーー!!!!! と
 
ボルテージが最高潮になり、曲が始まった。
 
 
 
 
そのまま『前前前世』に突入し会場が爆発する。
MCで「音出なかったの悔しいからアカペラで歌います!」って『夢灯籠』の冒頭を歌う。
 
05410-(ん)』で一体感が完成され、『棒人間』でRADWIMPSの悲しみの表情がフルパワーで出てくる。まずはここで、涙を流しそうになるのであります。僕も人間じゃないので。
 
 
『三葉のテーマ』からの『スパークル』で見事に涙を流しました。
 
 
 
あぁ、生きててよかったなあという感情と、
人生って、思い出って、記憶って、将来って、恋愛って、出会いって、別れって、感情って、音楽って、
なんでこんなに美しいんだろうと、なんでこんなにと、
たまらない思いがこみ上げてきた。
 
 
 
RADWIMPSの、メンヘラマネジメント具合は相当で
 
 
こんな感情にさせといて、たくさん泣かせておいて、
「こっから夏始めてくぞ!ロッキン盛り上げんぞ!」て、こっから盛り上げんのかよっていうMC、
宣言通りに『DADA』『おしゃかしゃま』をぶっ放す。
 
 
リズムと歓喜の調和がすごい。音楽の潜在能力がドバーーっと解放されて
もーなにがなんだかわからないけど、どうにでもなれって
「音楽って楽しい!人生は最高だ!」って教えてくれる。
 
もはや誰とでもワンチャンヤッてもいいんじゃないかっていう、快楽と喜びに満ち溢れる空間作り、パフォーマンス。狂気で満ちた人間の本質というか、原点回帰。
 
これこそが、生きる意味なのだろうと、無理やり意味づけしても、十分幸せな気がしちゃう、宗教的なメロディーラインとアドリブ、そして表情。めちゃくちゃ楽しそうやん。めちゃくちゃ嬉しそうやん。
 
 
 
正気を取り戻して、なんだかクリーンな『いいんですか』を披露して『君と羊と青と』というキレイな終わりを見せつけるRADWMPS、
なんとも分かっていらっしゃる風の、王道は、やっぱり王道だよ、みたいな終わり方。
 
 
 
 
アンコールは出来レースだと知っていても、
ファンたちの合唱からの、自主的なiphoneライトアップ
 
 
このくだり
僕は知らなくて、涙を流す。
「うわあ、すげえ。」と声を漏らす。
 
GRASS STAGEに集まった、4万人を超える人々が
星空のような煌めきを作り出したのだ。
 
 
 
美しすぎて、何も喋れなかった。
人間って、なんでも出来る気がした。
生きていれば、幸せなことって、いっぱいあるんだって教えてくれた。
 
 
 
この美しい"人口星空"を、みんなにも見せたい。
世界中の人がみたら、それだけで世界が平和になる気がした。
自殺者も減る気がした。
だって、本当にきれいなんだもん!
 
 
そんな星空を見たRADWIMPS
抜群に相性の良い『トレモロ』でアンコールに答える。
 
 
もはや歌詞が頭に入ってこなかった。
脳の入り口が『感動』で塞がっていた。
 
「インプットできまてん」って、
「もうむりぽーーーー」ってアタマに言われてた。
 
 
そんくらいに、魂が、
喜ぶことに必死で、叫んでた。
 
 
 
「最後に1曲だけ歌ってもいいですか? 」
 
 
 
 
その曲は『有心論
洋次郎がクソほど思い入れのある曲。
 
本当に歌いたかったんだろうなあって思った。
 
 
 
そして、すべての曲が終わった。
 
 
 
「これから夏を楽しんでいこうぜ」と希望で締めくくったRADWIMPS
希望で締めるんだ。でっけえなあと思った。
 
 
 
RADWIMPS、まじで若者の心掴んでる。
未熟な僕達と、優秀な僕達を知っているし、
 
つか、あの言語表現どこで生まれんだろ
本気で恋愛、してっからかなあ。
すっげえ人生、生きてるんだろうなあ。
たまらなく生きたいって、リピドーが伝わる、震えるものばかり。
そして、人を楽しませることを、第一に考えている
プロフェッショナルだった。
 
 
こんなにも、テンションがあがったりさがったり、させてきちゃうなんて
アーティストって、感情をコントロールする神さまだわ。
 
 
 

 

 
 
 
本当に最高の空間でした。
 
 
 
 
 
 
 
..............
 
 
 
 
 

f:id:itotl:20170816214952j:plain

 

 

 

 

ロッキン全ての公演が終わり、花火が上がる。

 

となりでiphoneの連射音がすごくうるさい。

だけど、それだけこの事を伝えたいんだろう。

 

とにかく僕は、余韻に浸っていた。

ロッキンは、幕を閉じた。

 

 

 

今年も本当に最高の空間になっていた。

無限に楽しかった。

 

 

この空間を作っている

渋谷陽一さんを筆頭とした運営スタッフの皆さんや、

アーティストの皆さんには、本当に感謝したい。

 

 

そして同時に僕は、このロッキンの感動を生み出したのは

紛れもなく来場者27万4000人が存在していたからだと思っている。

 

 

それだけの人が、みんなで、みんなの感動を作ろうと、

自分だけが、ではなく、みんなで共鳴して感動しようって伝わってきたし

実際、そうなんだと思う。

 

共鳴しあって、感動しあって、なんだか笑顔になってしまって、

振り返ると嬉し泣きがすぐ見つかる。

 

そんな彼らの顔を見て、僕は何度も

『人間って、こんなに輝けるんだ』ということを知る。

 

 

僕も輝いていただろう。

27万4000人のおかげで。

ありがとうございます。ロッキンに関わった全ての方へ。

 

 

僕も感動の一員として、しっかり仕事はできたかな。

 

 

 

業務内容は

たのしむ』『よろこぶ』『水分補給』

 

 

僕らは下っ端なので、たぶんここらへん。

 

時給は出ないけど、生きる希望と幸福が手に入りました。

コストパフォーマンスよすぎる件。

一緒に作り上げたい人、簡単なお仕事です。

 

 

それだけで、これほど数十万人の笑顔に携わることが出来ます。

真横で泣き顔を見ることが出来ます。

感動を分かち合うことが出来ます。

見ず知らずの人と「すごい!」「これはやばい!」って言い合うことが出来ます。

天に手を高く挙げて、希望を見据えることも出来ます。

 

 

 

みんながみんな、自分なりの楽しみ方でいい

みんながみんな、自分のよろこびを見つけに来てる。

 

 

 

この空間が、たまらなくだいすきです。

毎年、毎年、足を運んで、本気で作ってくれたこの作品を、

もっと美しく仕上げてやりたいなって思います。

 

たのしんで、よろこんで、水分しっかり取って

ダイブは禁止で、盗難も禁止で、トイレの時間だけ気にしてみて

 

 

それを、全員が意識するだけで、

何十万人の幸せが、世界に手に入るみたいです。

 

 

 

 

そういうところに、行ってきました。

 

ですので、良かったら皆さんもどうですか。

一緒に、笑顔になりませんか。

 

 

 

ROCK IN JAPAN FES 2017

ありがとうございました。

無限の愛を込めて。

 

 

 

 

もっと気楽に生きよう

 

FROM 茅ヶ崎ラスカ タリーズの水出しコーヒーうまい

 

 

 

 

f:id:itotl:20170802125302j:plain

 

 

 

 

こんなにお洒落なタリーズが、茅駅に出来たことに驚き

南口のバスの電光掲示板もなんかかっこいいし

 

昔ながらの茅ヶ崎ではなく、最先端の茅ヶ崎へと一歩ずつ前進している

 

 

 

 

 

f:id:itotl:20170802125427j:plain

 

 

 

実家の玄関開けた目の前の電柱にいた

 

こいつの鳴き声が全ての元凶

家を夏まみれにしてきやがった

 

 

 

 

 

 

f:id:itotl:20170802125936j:plain

 

 

 

クラウドファンディングのポストカードに絶賛サンクスメッセージを書いている。

今更ながら、すごい世界を見てきたなとおもう。

 

リターンが遅すぎて、、ほんとうにごめんなさい。。。泣

 

ポストカードと申し訳程度のおみやげでは、何より僕が納得出来ないので、

お詫びとしてはなんですが、その人に寄り添うお中元を添えて、夏の終わりにはお渡しします。

メンティの字は、愛嬌があるが、解読し難い。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は、ルールを決めていて、

 

なるべく自分が楽できるように生きるし、

なるべく自分が面倒くさいと思ったことはしないし、

なるべく自分が楽しく生きれるような

優先順位をとるようにしている。

 

 

 

そうじゃないと、なんのために今生きてるのかわかんなくなっちゃうから、

 

 

 

数年前までは社会の荒波を乗りこなしてやろうと、

意気込んでいたけど、そうではなくて、

 

社会の波と、平行移動すればいいんだって分かった。

 

 

 

「そんな荒波がきてるのねー」

「いまおれ、飲み込まれているのねー」

「乗りこなすと、こうなるのねーと」

 

 

なるべく社会と接合し始めた自分を、客観的に見て、

「いまこんな感じ」って俯瞰して、楽しんでいる。

 

 

メタ認知 - Wikipedia

現在進行中の自分の思考や行動そのものを対象化して認識することにより、自分自身の認知行動を把握することができる能力を言う。 自分の認知行動を正しく知る上で必要な心理的能力。

  • Knowledge Monitoring Ability(能力を監視する知識)
  • Knowing about knowing(知っているということを知っていること)
  • Cognition about cognition(認知していることの認知)
  • Understanding what I understand(自分の理解していることを理解すること)

と定義されている。

現代において、メタ認知能力の育成は、教育、とくに学校教育において特定の教科教育を越えた重要な課題のひとつとなっている。

 

 

 

 

あんまり主観的すぎると、感情が入っちゃうし、熱こもっちゃうから

そうすると、だいたい働きがいよりも

焦りとか、苦しみとか、圧力のほうが強くなってしまう。

 

 

マジでそれを成長とか言い始めたら終わり。

終わりの始まり。

 

 

てか成長って、自己実現の評価概念だからね。

定義の棲み分けをしないと意味わからなくなっちゃうよ。

 

 

重要業績評価指標 - Wikipedia

重要業績評価指標(じゅうようぎょうせきひょうかしひょう、: Key Performance Indicators, KPI)は、組織目標達成の度合いを定義する補助となる計量基準群である[1]。KPI はビジネスインテリジェンスにおいて、現在のビジネスの状態を示すものとして使われ、今後の対応策でどうなるかを予測するのに使われる。

 

 

「プライベートとビジネス」とか「人間力」とか、そんな抽象的な言語表現だと、齟齬が生まれやすいと思います。

 

 

 

karasimentai.hatenadiary.jp

 

 

 

だから【楽観視する能力】はすごく大事で、

 

どんなに人格を否定されるくらいに怒られても、

どんなにあなたの周りの社会から見放されても、

 

 

 

 

まあ、そうなるよね。(ニコニコ)

 

 

 

 

 

って出来たら、最強の生き方になると思う。

 

 

みんな、怒られて萎えすぎだし、

怒られるために生きてるのかよってくらい、怒られに行くし、

 

成長することが目的なのに、怒られることが目的みたいになってる。

 

 

 

まだ足りない まだ足りないって

言うけどさ

 

 

 

第一に、あなたに足りてないのは、スキルじゃない気がします

 

 

 

 

スキルがあったら、色んな人が救えるからね。

死ぬほど大事だよ。

 

でも、究極的に

スキルなんかなくたって、死なないよ。

 

 

どっちも大事。

でも順番が違う。

 

 

どんなにスキルがあっても、

スキルを身につけられる環境にいても

 

 

 

楽しいことがなかったら、

人生がつまらなかったら、

 

その時間はすごくもったいないなあと

僕は思ってしまいます。

 

 

 

日本は、とても努力至上主義なので、

頑張り、承認されることを美徳としますが、

 

 

美徳ではあっても、あなたの幸福につながってるかというと

残念ながら、その効用は確約されていないと思います。

 

 

少なくともぼくに、その薬は効きませんでした

自分が幸せじゃなかったら、人を幸せにすることなんかできないと思っているので

 

あと、問題解決型の目標に、人を幸せにするためのスキルだとしても

あなたがブレてたら、

そのスキル習得は継続しにくいと思います。

 

 

途中で病むじゃん?

この仕事が「本当にやりたいことじゃない!」ってさ

 

よくいるじゃんそういう人。

優秀なサラリーマンだって、みんな抱えてるんじゃないかな。

 

 

 

なので、そんな薬を処方されなくても、効果があるような

ことを探しました。

 

 

 

それが、人でした。 (ニコニコ)

 

 

 

 

気楽に生きることが出来る

それを許してくれる、肯定してくれる

 

 

そんな人に囲まれることが、どれだけ重要か。

裏を返せば、あなたの幸せに最も寄り添ってくれているのは、そういう人たちだと思います。

 

 

 

1日15時間勤務。月の残業200時間。

 

 

 

超素敵なことだし、努力することは素晴らしい。

そうやって、社会に価値を与えることは、心の底から共感します。

刺激を望む同士もいるでしょう。

 

 

 

だけど、一歩立ち止まって、

あなたという人間に興味を持って、そうやって、

一生関わってくれる人と、気楽に遊んでみる人生も、

 

 

そういうひとときを、楽しんでみたら、

もっとシンプルな幸せが見つかっていくかもしれませんね。

 

 

itotl.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなんじゃダメだ は クソだ

 

とある日のこと。

 

 

 

なんだか気持ちが上がらない、

 

家にこもって、予定もなくって、さあ今日も頑張ろうって

思っているのにやる気が起きない。

 

 

美味しいご飯を食べても、コーヒーを飲んで集中しようって喝入れても、

栄養とか、なんだか、ソーユー話じゃない。

 

 

 

特に何かがあったわけでも、というか考えてみたら、

 

何かがあるほど忙しくない。そんな虚しい日常。

 

 

 

 

 

この繰り返しで、何十年も生きてきたって言っても、

ぜんぜんウソじゃないし、むしろ、

 

そんなんばっかりで、

週の半分は、そんな人生で、もーつまらなくて、本当につまらなくて、

 

 

与えられたことをこなせば「無」になれるからって、無生産でも集中すれば悩まなくて済むからって、

 

もしくは、「趣味」と定義した何かに「没頭」したことにして、

他者に発信をして承認を求める。

自分に「やってる感の意味」を強いる。

 

 

だって、なんだか表にしにくかったり、

生きる希望ないとか、人生つまんないとか、ぼやいてたって、

 

だーれもおもしろがってくれないし

自分もつまんないし、

 

それこそ、その先の未来に何があんだとか、

このまま生きて、どんなことがあるんだとか、

 

 

考えれば考えるほどにつらくなって、というより、

やる気がなくなって、生きても生きなくても良くなってしまう。

 

 

 

 

 

そんな虚しい日常を、迎えることがよくあるけども、

そんなとき、

 


好きなアーティストの曲を聞いて、大好きな場所に行って、

大好きな人と一緒にいれば、

 

 

どうしてあんなに退屈だったのかと思えるくらいに『生きる希望』が沸き起こる。

 

 

 

またこれから頑張ろうって

また、ちゃんと生きていこうって、心の中に小さく刻む。

 

 

 

 

 

 

この現象を、なんと呼ぼうか。

 

 

 

 

 

 

残念ながら

人はこれを「モチベーション」とか呼んでいるのだろうか。

たぶんそうだろう。

僕もそうやって使うことがあるし。

 

それはすごく良いことかもしれない。

そうやって、人は向上していくのかもしれない。

 

でも、この瞬間を、

 

 

 

「喜び」と解釈して、

拾える人はいるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はこう思う。

 

 

 

この "瞬間" を、努力しようとか、

まじめに生きようとするのは、クソだ

 

 

こんなんじゃダメだ は クソだ。

 

 

 

 

 

その現象に、生きる希望があるんだって。

幸せがあるんだって。

 

 

 

その瞬間を、逃すなって

 

 

 

もはや、そのために生きてるんだって。

そうやって、開き直ったって、良いと思ってる。つか、

 

もっと、決めつけて、良いんじゃないかな。

 

 

 

 

 

あなたは、努力のために生きてますか?

 

喜びのために生きてますか?

 

 

 

 

 

 

じつは、あなただけでも、僕だけでもない

誰にでもある「つまらない日常」のハナシ。

 

 

 

 

 

 

f:id:itotl:20170801173124j:plain

 

 

 

 

 

 

自由になる訓練。

 

分かる人には超絶分かる話。

 

------------- ------------- ------------

 

 

まだ足りない。

精神的に自由になりきれない。

 

 

 

自由(じゆう)とは、他のものから拘束・支配を受けないで、自己自身の本性に従うことをいう。哲学用語。

自由 - Wikipedia

 

 

 

 

朝だって、起きなきゃって思ってしまうし。

予定に遅刻しちゃ駄目だーって思ってしまうし。

ちゃんと仕事しなくちゃーとか、もっと頑張らなきゃとか。

 

 

 

これらは全て、自由に生きることを害する「悪」たちだ。

 

 

 

 

毎日好きなことだけして生きれれば、最高だけど、

なかなかそれって難しい。

 

訓練としたいのは、そこへの疑問だ。

 

 

 

 

本当に難しいのか? 本当に苦しいのか?

 

 

 

 

人間はよく、辛い、疲れた、苦しいといった言葉を口にする。

それらは反射なのか、無意識なのか、はたまた承認欲求なのかは分からないが、

 

まじめに考えて言っているようには思えなくて、大体それは、

ふざけた時に出てくる言葉である。

 

 

 

大して言葉の意味を考えもしない。

そして、辛い疲れた苦しいの延長線に、不幸せがあるかのように。

自分を自分で、洗脳している。

 

 

だいたい、何が辛いから、どうなんだってんだ。

 

 

歩きすぎて、足が痛くて疲れた対価で得たものがあるんだろう。

彼氏と別れて悲しい先に、自分の未来が待っているんだろう。

辛くて苦しいブラック企業に務めている自分は、安定を望んでいるのだろう。

 

 

誰も、何も断定をしていないし、

予測できる未来から不幸せを感じ取っているわけではない。

 

何より不幸せだと、思い込みをさせているのは、あなたなのだ。

 

 

 

ロジカルシンキングさえ身につけてしまえば、どうってことないのだが。

それを初歩的に説明すれば、

『冷静に考える』ということさえできればオッケーなのだ。

 

 

 

あなたは毎日の選択で、自分が得をするような、もしくは、

損をしないような意思決定を取っているはずだ。

 

間違っても自分が得をしない、損をしやすい意思決定を究極的に取ることは、正常な脳みそが働いていれば、まずありえない。

 

 

だけど、人間の誤作動は、意思決定をしたあとで、

その意志を継続することが出来ないことだ。

 

 

小さなイチを積み重ねていけば、大きな自分と巡り会えるのに、

一つ一つの積み重ねたものを「やっぱりやめておこう」と降ろしてしまう。

 

 

 

なぜなら、当時の意思決定を優先できない自分がいるからだ。

あの時の判断は間違っていた。いまの判断が正しいと。

 

 

だけど本当は、単に自分の判断が合っているのか、間違っているのか、

それが分からなくて、

 

判断しかねて、

社会に任せて、

社会のせいにして、

自分を社会に売り捌かれた被害者のフリをしているだけなのだ。

 

 

 

そうなっちゃうと、まぁーーたいへん。

マザーボードがない壊れたパソコン、ただの抜け殻とおんなじだから、

 

「納得」という概念が消え去ってしまう。

 

 

それなら良いね、そしたら僕にぴったりだ。

これこそが人間に与えられた「心」という特性なのに、

それじゃあ、ただの劣化版生命体だ。

 

 

絶対にやめたほうがいい。

独立なんて、厳しいことは言わないから。

他責だけはやめておこう。

 

アイデンティティがなくなっちゃうからさ。

 

 

 

だから極論、自分さえ良ければ良いという考え方は、持っておいたほうが良い。

持っている方が、あなたが幸せになれる確率があがる。

 

 

なぜなら、社会に依存しないあなたの意思決定が、

あなたの脳みそに、今後も信用される可能性が高いからだ。

 

 

 

自由主義とは「自己決定権に制限を加えることができるのは危害原理のみである」という立場である。加藤尚武[13][14]によれば、自由主義とは

  1. 成人で判断能力のある者は(valid consent, 有効な同意)
  2. 身体と生命の質を含む「自己のもの」について
  3. 他人に危害を加えない限り(harm-principle, 危害原理)
  4. たとえ当人にとって理性的にみて不合理な結果になろうとも(the right to do what is wrong, 愚行権)
  5. 自己決定の権利をもち、自己決定に必要な情報の告知を受ける権利がある(autonomy, 自治権)、とするもの。

 

 

 

理性は制限ではなく、合理はかたっ苦しいものではない。

いずれもそこに、幸せかどうかが内包すると思ったって、別にいいんじゃないか?

 

 

だから、変な誘惑や誰かの指示なんかに惑わされず、いや、

そういう美味しいアリバイに乗っかって、誰かのせい、社会のせいにせず、

 

 

 

わたしの幸せは、わたしが責任を取ります、と

 

 

 

そういう態度さえ、堂々と出来ていれば、なにも、

不幸せ(=幸せから遠い)人生なんて、浮かばないはずなのである。

 

 

 

あなたの人生は、あなたに選択権があって、

いまあなたが過ごしている時間も、あなたが有意義だと思う使い方をしてもらって結構で、

誰になんと言われようが、あーだーこーだあろうが、

 

 

いや僕は幸せなんで、って

誰のせいにもせずに自信を持って、誇りを持ってさえすれば、

基本的になにをしたっていいわけだ。

 

 

だけど、人に迷惑をかけたり、法律を破ったりすると、

自分が幸せに生きるための、壁が増えてくるので要注意。笑

 

社会って信頼がないと、なんもできないからね。

そこらへんは、賢くやれると良いよね。

 

 

 

 

てな感じで、自由になるコツは

誰かに束縛された人生でもなく、誰かに気を遣われた人生でもなく、

 

あなた自身が、あなたのために使うことが出来て、

それはあなた以外の誰かに責任を追わせることは出来ないってこと

 

 

これさえ覚えておけば、なんでも出来るんじゃないかな。

 

 

今から海外行ったって、家でぐうたらゴロゴロしてたっていいじゃないか。

お金をたくさん稼ぎたいなら、稼げばいいじゃないか。

ずーーーーっとクーラーの効いた部屋でアイス食べて、二度寝して起きてって過ごしたいなら、そればいいじゃないか。

 

それが幸せになる道ならば。

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

いいんですよ いいんですよ あなたが選んだ人ならば いいんですよ いいんですよ あんたが選んだ道ならば

 

あなたといる意味を探したら 明日を生きる答えになったよ 明日を生きる意味を探したら あなたといる答えになったよ

 

 

 

 

 

って感じで、ロッキン楽しみです!

 

 

 

 

p.s.

 

この記事のインスピレーション

 

 

 

f:id:itotl:20170721173301j:plain

 

 

www.amazon.co.jp

 

 

 

 

このひと、ほんとに幸せそうに生きるよなあ。

 

 

 

 

 

シンプルな幸せを確信すること

 

 

寝る前に30分

毎日考えることがある。

 

 

 

「今日という日を、幸せに生きることができたか」

「今日という日の、どの瞬間に、喜びを感じることができたか」

 

 

僕の瞳には、美しいものが写っていただろうかと毎日考える。

そして、あの瞬間が美しいと思えたと、再確認するのだ。

 

 

僕は、自分が美しいと思ったものは、誰に何と言われようと美しいと捉え、

それで喜びを感じる。

 

 

 

人間は誰しも自分が美しいと思う基準を持っていて

どの色が美しいと感じるかは人によって全く違う。

 

 

 

 

もしも僕が「 黒 」を美しいと感じて、

世界中の誰もが、その色は汚いよと言ったとしても、

 

黒が綺麗だと僕が思ったならば、それは「正しい」のである。

 

 

どんな人間も、他人の美しさの基準を否定することはできなくて、

誰しも、自分が美しいと思ったものを美しいと言う権利があると思う。

 

 

 

 

 

美しいの定義なんてなんだって良くて、

 

 

可愛い子を見たときの「美しい」も

誰かが努力をしている姿を見たときの「美しい」も

大自然を目の当たりにした時の「美しい」も

狂気でカオスな世界を見たときの「美しい」も

命が生まれてきたときの「美しい」も

 

 

どれも違う魅力があると思うし、

誰がどの色を話しているかは人それぞれである。

 

 

 

 

あなたの瞳に映る景色は美しいですか?

どんな色が見えていますか?

それらを美しいと語ることができていますか?

 

 

心の底から誇れることが大事だと思う。

 

 

 

 

 

自己実現か、幸せか。

 

 

 

 

これらは相反するものではなく、併存するものでもない。

戦う相手でもなければ、運命共同体でもない。

 

 

どうしてか、この2つで是非を問うことが多い気がするのだが、

両方やったらいーじゃんって僕は思う。

それでいーじゃんって思っている。

 

そんなことを議論する時間があるなら、

ゲームをしながら筋トレしたい。やりたいことでお金を稼ぎたい。

 

 結局、自分が楽しければいいと思っている。

じゃあ、楽しめることを考えればいーじゃんって。

 

 

 

ちなみに僕は、人を感動させることが自分の仕事だと思っている。

なので、幸福指数を高めないといけないし、

常に楽しそうにしていないといけないし、

人生が最高だと本気で思っている必要がある。

 

 

不思議と抵抗や不安はない。

一生継続出来ると思っている。

テストで1位が取れなくても、この領域ならナンバーワンになれるかもしれない。

 

 

心の底から、常に人生が楽しいんだ。

だから、もっともっと、その素晴らしさを世の中に人々に伝えたい。

僕だけが味わっているのは、すごくもったいない気がしてしまうから。

 

 

 

世の中の人々が、

もっと笑顔で、人生を楽しく生きている世の中になればいいなーと心の底から思っている。

だから、こんな生き方もありなんじゃないってものを見せて

心をラクにしてあげたい。

 

今の世の中は、あまりにも心がラクにならないことが多いから。

 

 

僕が人生を楽しく生きる上で、世の中の人々が希望と笑顔に満ち溢れていて、すべての人々が人生に喜びを感じていたら最高である。

 

それができれば、僕はもっと喜べる回数が増える。

自己実現であり、幸せだ。

 

 

 

 

 

 

おととい、

 

7年前から仲の良い、地元のみんなに

誕生日を祝っていただいた。

 

 

 

 

f:id:itotl:20170721010643j:plain

 

 

 

 

むげんにシュラスコが食える、無限に最強のお店にて。

ベイクォーター作った人マジ最高過ぎる。

本気で100円あげたい。

 

 

人生で初めて、お店をあげての誕生日を祝ってもらった

誕生日サプライズを企画するのが、めっちゃ好きで、よくやるんだけど、

 

 

これ、めちゃくちゃ嬉しいね。笑 

 

 ちょー感動した。マジ最高だった。

てか、誕生日無限に先だからね、そりゃー気づかない。

普通にびっくりしたわ。

 

 

 

 

 

7年前の、高校生の頃から、

僕ら5人は、何も変わらない日常を過ごして、いまもこうしてバカやってる。

 

 

この後も、ボーリング行って、ドライブして、しょーもない会話して、でもそれが楽しくて、

一人ひとりを見送って、それぞれが帰路に着く。

 

 

 

幼かったあの頃、一生変わらない日常があればいいのにと思っていた。

社会人1年目になった今も、こうしてみんなで笑顔でいれることを、

本当に嬉しく思う。

 

時間って簡単に過ぎていし、人って変わっていくなーと思うのに、

どうしてかこのメンバーといるときだけは、変わらない日々を過ごす楽しさがこみ上げてくる。

 

 

 

僕は、このメンバーで遊んでいる時に

とてもつもない幸せを感じる。

 

これは、誰が何を言おうと変わらない。

僕の瞳に映る「美しさ」があるのだ。

 

 

 

このシンプルで強力な幸せを「掴む」というよりも、

再確認、いや、

 

 

「確信」することができた、

そんな自分を褒めたいと思っている。

 

 

 

僕の瞳の映るこの景色は、本当に美しく見えていて、

誰がなんと言おうが変わらない、僕なりの幸せのカタチがここにあるなと確信している。

確信したことを誇りに思う。

 

 

 

幸せって、社会の中から掴んでくるもののように思ってしまうけど、

実は、自分の心の奥から引っ張り出してくるものなのかもしれない。

 

 

 

もはや、幸せだとかそういう次元の話ではなく、

それがベースで、どれだけ喜びの回数を増やすか、

そんなゲームを味わうために、日々を楽しんで生きている感覚である。

 

 

 

そんな考え方、生き方もあるんだなあと、

ちょっと心の奥にしまってみるか、面倒くさいから外にほったらかしておくか、まあどっちでもいいけど、

取り敢えずどっちかにしてみると、なんか人生が変わるかもしれない。

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

あなたにとって大事な人ほど すぐそばにいるの

かもしれないしね。

 

 

 

 

 

 

あなたにとって、大切なものはなんですか?

いま、大切にしなければいけないものはなんですか?

 

 

 

 

 

大切にできてないなら、大切にした方がいい。

それがいつ、大切にできなくなってしまうかわからないから。

 

 

 

 

 

いちばん大切なものを、一番シンプルな幸せを、

 

まずは引っ張り出して、

思い出して、

目を凝らして、

 

その景色を、再び見てみるのも、いいかもしれない。 

 

 

 

 

 

僕は、それで人生が変わりそうだから。

 

 

 

 

 

寝る前の30分が、ブログが一回消えて3時間になったのは内緒のことだけど、

 

まあ、今日はそんな感じで

 

 

 

 

イノベーターとマイルドヤンキーの融合が最強説。

 

FROM  新宿のシェアハウス

 

 

 

f:id:itotl:20170712142702j:plain

 

 

 

 

 

明治神宮での裸足散歩継続中。

何日かサボって4日目です。今日もちゃんとやってきました。

 

既に、足裏が強化されてきて、小さな石ころでは痛くない。。

だんだんバジャウ族化してきている。

あいつら、ホント足裏強すぎ。追いつきてえ、。。。

 

 

詳しくは、過去記事。。。

 

 

itotl.hatenablog.com

 

 

 

 

 

f:id:itotl:20170712142834j:plain

 

 

 

 

シェアハウス、無限リフォーム大会。

住民6人とも、断捨離を始めました。

 

 

水拭き最高にきもちい。

学校で教わった「水拭き」という行為は、とても役に立っている。あざした!

 

掃除をすると心もきれいになる。

道徳の授業はこれだけで充分なくらいに素敵な考え方である。成功体験がつきやすいし。

 

 

 

最近は、地元茅ヶ崎に帰ることをライフスタイルのルールにした。

これによって、忘れていた感覚を沢山取り戻した。

 

 

端折って話せば「幸福なんて簡単に手に入る」ってコト。。

東京にいると、中々身につかない感覚だ。そのぶんスキルや経験、人脈は出来る。トレードオフではある。

 

だけど、地元愛強いけど、東京来てます勢の人間は

総じてもう少し地元に顔を見せたほうが良い気がする。。。

 

 

感動したのは地元に帰れば、すれ違いで沢山の友人に会えることだ。

そして、思った以上に、自分のことを話題に出してくれている人が多いってこと。

 

 

これに気付けない自分が、1ヶ月前までいた。

ありがたみもそうだが、何より嬉しさがこみ上げてくるし、地元でハッピーを掴むことへの可能性を感じた。

 

東京へ消耗しにいってるわけではないと思いつつも、

振り返る時間を得ることが難しいのが東京。

 

 

手続きや、何か大義名分がないと帰る意味が無いと

脳みそのどっかから司令される。往復3時間で、5000円でどうのこうのみたいな、、

お前の合理的なところが昔っから嫌いなんだよ!!(左脳に言う)って分かってても、意思決定できない自分がいて、

それを「成長」とごまかす自分がいることを恥じる。

 

成長 - Wikipedia

 

それは、本当に成長なのかすら危うい。

 

 

www.huffingtonpost.jp

 

 

 

僕はこれから、融合しようと思う。

分裂していた右脳と左脳に別居している自分と自分を。

 

インベーターでありたい【圧倒的成長】【社会の最前線】を望む宮代と、

マイルドヤンキーでありたい【地元愛】【永遠に続く日常】を望む宮代を。

 

 

都合の良い時だけ、お互いのカードを場に出して演じていた気持ち悪い運用方法を改めたい。

本当の意味での『八方美人』は内的要因に当てはまる時に使うのだろう。

そう、こういう時に。。

 

 

 

融合するとは、どういうことなのか?

外に向けて八方美人にならないことだろう。それは最終的に他者理解に通じる。

 

例えばこうやって、ブログで発信することはリスクだと思っている人もいるだろう。

僕だって条件は同じだ。

 

 

髪型が高校デビューする前に僕を知っていた人からは、からわれるかもしれないし、

小中でヤンチャしてたくせに、社会的信用がどうとか、演じてんじゃねえって見られるかもしれないし、

単純に意識たけえな、きめえなって見られるかもしれない

 

 

小学生の時は万引き魔だったと知ったら、プロジェクトの後輩たちから信用を失うかもしれないし、

高校まで金銭管理能力は皆無で、浪費しまくる終わった生活をしていたし、

本質思考と、なんでもアリの概念を混在させている、アウトローな人間に見えるかもしれない。

遊びと仕事の境界線なんかは、とても顕著に出るだろう。

 

 

 

ホリエモンは、著書『君はどこにでもいける』にて

「これからの時代はグローバル人材〈G人材〉と、ローカル人材〈L人材〉に分かれていく」 と述べている。

 

 

これらの亀裂が生まれることは避けられない事実で、

そういう経済文化へと、社会は変容を遂げていく。

 

 

 

だけど、僕みたいな中途半端な存在が、両方の橋渡しをしてみると、なんだか面白いことになるんじゃないかなあと思う。

取捨選択を狭まれる瞬間は、合理的判断により訪れる。

 

 

東京に行くのか、地元に残るのか。

この選択は一度決めた後に戻るのは難しく、サンクコストどうこうではないと思う。

 

 

だが僕は幸いなことに、湘南と東京という物理的障壁の少ない環境であり、ポテンシャルとして「行動力」と「旅が好き」という特性を持つ生き物だ。

 

そういう使命があると思い込んでみるのも実験だと思うし、何より楽しい状態に近づくなら尚更である。

 

 

やはり、二番煎じは面白くなく、渋谷のITベンチャーで最年少上場、西麻布のタワマン在住なんかは、他の人間がやってくれている。そういう世界の表現は、今も誰かがしてくれているのだから、任せてみようと思う。

 

逆に高校生で出産を頑張ったりした僕の地元の友人は、とても大変な環境下でもなお、23歳で子育てをして、結婚をして、週末は湘南ドライブに浸るという、最高のライフスタイルを確立している。

どんなに頑張っても、極端に触れることは僕には出来なそうだ。

 

 

東京と地元に振り切るのは、存在価値がなさそうで、だから僕は

大阪に住むし、ヨーロッパに住むし、オイミャコンに行った。地元が大好きキャラで、吉祥寺に住んだし、新宿に住んでいる。

僕の家から10分あるけば都庁である。こんな湘南人は中々いないだろうと確認しながら、毎日を生きている。

 

ということで、僕のベンチマークフジモンかもしれない。笑

武井壮は、地球というマイルドヤンキーだと思ってるから尊敬している。。 )

 

 

 

 

 

だから僕を一言で表すのは難しいかもしれないし、肩書が好きじゃない。

 

経営者でもあるし、表現者でもあるし、旅人でもあるし、ヤンキーでもあるし、ゲーマーでもあるし、まんたまんズでもあるのだ。笑

 

 

真っ白いキャンパスに、絵の具でどの色を付け足したら良いか、

混ぜて汚くならないように、重なって黒くならないように、丁寧なキャラクターを自分に足していく。

 

 

これを1万分の1の人材がどうとかでなく、なるべくアーティスティックに考えてみる。

算数でなく、妄想で考えてみる。

 

 

 

 

湘南の海辺で、獲ったイノシシでカレー作って流行りのスイカウォッカ食って、マンタ乗ってる光景をドローン飛ばして撮って、動画をスナチャにあげて、BUMPガンガン流しながら、地元のヤンキーとまんたまんズで一緒にストロングゼロ飲んで警察に注意されるみたいな。

 

そういうのが出来るめっちゃお洒落で斬新な海の家つくろーぜーとか、浜辺にカフェ作ろーぜーみたいのを本気でやって、大スクリーンで君の名は上映したり、バジャウ族呼んでスマブラやったり。暇だから今からロシアいこーぜーみたいなとか。

 

 

 

最終的には、全員の架け橋になりたい。

これも一つの感動表現のカタチ。

 

 

そういうバランスをとってるつもりで生きているので、もう少し僕が余裕になるまでお待ちいただきたい。もっとでっかい遊びを企画したいし、早く1万人集めて「世界全国鬼ごっこ」もやりたい。湘南のギャルにビットコインで儲けさせたりしたい。笑

 

 

話がそれてしまったけど、そういう自他を【別居】ではなく【同棲】させてみることに面白みを感じています。

 

同棲しないとわからないことだってあるしね。

何事もそうだと思うな、何事も。。

 

 

融合召喚ってやっぱつえーよ。

 

 

 

 

 

 

p.s.

 

最近デュエルにはまってます。

E HERO ネオスデッキを、禁止令で潰すのが好きです。

僕の切り札はオシリスの天空竜です。

 

現場からは以上です。。。。

 

 

 

 

茅ヶ崎にカムバック説。。

 

FROM 茅ヶ崎ラスカ HERO SAND

 

 

 

 

昨日から茅ヶ崎に来ている。

大好きな地元だ。

 

 

昨晩は行きつけの焼肉屋に、中学からアホみたいに仲良くしてる高野と。。

これからはよく会うことになりそうだ。。笑

 

 

 

そのあとビックエコーに行って、

当時バカみたいに叫んで楽しんでた曲を歌った。

 

 

 

UVERの「GOLD」と

アンカフェの「流星ロケット」は個人的にツボだった。。

 

なつかしすぎて、、、、、、!!

 

本気でカッコイイと思ってたし、本気でハマってた若かりし頃。。

今でも確かにカッコイイと思う。

 

高野と行ったので、こーくんともカラオケ行きたい。 

お前だ出戻りこーくん、もし見てたら来週行こう。。

 

 

 

f:id:itotl:20170707172059j:plain

 

 

 

 

 

 

今朝も高野と湘南ドライブ。なんて清々しい朝なんだ。

こちら、母校の茅ヶ崎高校です。なつかしい。。。

 

 

下の動画は、5年前の体育祭です。

前列にいる、髪色と服装が意味不明なのが僕です。

 

なつかしい。。。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

ドンドンダウン潰れてるし、

高野に聞いたら、円スリもビックエコーも潰れたらしいし、時を感じる。。

そして、高スリがローソンになったのは笑った。。。

 

 

 

今日は平塚の七夕まつり。謎に松岡修造が来てるらしい。

 

 

 

 

f:id:itotl:20170707172825p:plain

 

 

 

 

 

実は、日本三大七夕まつりの1つである。

湘南民は誇るべきである。

 

ただ、ドヤンが集まる会ではない。歴史があるのだ。

当時、あの銃声を聞いた方は、誇るどころか恐れていると思うが。。。

 

(そんなことより僕は、1回300円おばちゃんの伝説しか記憶にない。)

 

 

 

 

 

f:id:itotl:20170707173106j:plain

 

 

 

 

 

ジャスコ

僕らに「イオン茅ケ崎中央店」は絶対に浸透しないだろう。

名前が変わっても過去の記憶で語りたい。そんな哀愁がある。。

 

 

 

itotl.hatenablog.com

 

itotl.hatenablog.com

 

 

 

 

これらの記憶がゆえに、この場所は思い入れがありすぎる。

2時間ほど前、ちょろっと寄ってみたのだが、

 

 

まさかの感動、、、、、

 

当時、一緒に仲良くしてくれていた常連のおばちゃんが、未だにスロットを打っていたのである。

 

 

 

 

まだやってるんかい!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

そう心の中でツッコミを入れながら、思わず嬉しくなってしまった。

元気でよかった。元気に北斗の拳を打ってました。

 

そして同時に、緊張してしまった。

なんだか久しぶりすぎて、気負ってしまった。

 

 

 

 

結果として今日の宮代は、おばちゃんに話しかけることができなかった。

 

まだ顔見せできないという心理なのか、単純な恥ずかしさなのか分からないが、すれ違う時に顔を俯けている自分がいた。

 

「もしも、次がなかったらどうするんだ?」

あまりに真っ当である批判が頭の中を錯綜したが、ジャスコを後にしてしまった。

 

(やっぱり、今から話しかけに行こうかなあ。。。)

 

 

 

 

世界が確かに動き続けているし、

自分と他者の世界は、全く違うことを、

より深く、認識できた気がする。

 

 

 

 

 

そんなこんなで、余裕があったので茅ヶ崎をふらふらと散歩した。

やっぱり茅ヶ崎は、最高であった。

東京とは全く違う空気と文化が流れている。。

 

 

 

ワンチャン宮代は、茅ヶ崎カムバックします。。

 

 

 

 

 

大学で東京に出てから、日本全国を旅したり、海外に出向いたり、今も新宿で毎日を過ごし、中々こっちでゆっくりすることはなかったが、これからは違うかも。

 

 

 

 

 

地元のみんな、お待たせしました。。

 

全然待ってないかもしれないけど笑、これから茅ヶ崎にいることが増えそうです。

 

 

 

 

大都会東京で、たくさんのことを学んできたけど、それと同時に、

たくさんの大事なものも落としてきました。

 

 

そう認識してるし、それを分かって東京に出てきました。当時は自己の成長のために、地元を断舎離するつもりでいました。

 

 

2017年の夏は、僕にとって本当に大切な「落とし物」を拾いに行きます。散々放置してたくせに、もう僕のものにする権利はないかもしれないけど、心優しい人が、忘れ物の在り処を教えてくれることを願っています。

 

そして、そうやってくれる人の優しさを知って、拾えるだけの人間として向き合っていこうと思います。

これは、自分自身のケジメとして。。

 

 

社会に顔向けできるくらいには、背を伸ばしてこれたと思います。

相変わらず身長は小さいし、ロシア前に太らせた身体は戻ってませんが。。。

 

 

ということで、よかったら、みんな飲みにでも誘ってね!

 

 

 

 

ちなみに、今年の茅ヶ崎高校の同窓会に一般人として行きます。

行く人いたら連絡カモン。。

ついでに集まれたらマジ最高。。

 

 

あと、円中同窓会を年末年始にやろうと思うので、

とりあえず、翼と愉快な仲間たちは集合な。高野は動画撮るってよ。そういえばさっきやすくんに会いました。笑

 

人呼ぶの手伝ってくれる人、ガチめに募集します。。

毎度のことながら、僕ひとりの力では到底実現しないので。。。

 

 

あとあきとに、ペニーもらいにいきます。あきとよろしくー

仕事でもらったwiiやらせてな。笑

ちょうど買おうと思ってたので最高です。新宿で乗り回します。。

 

 

 

 

やっぱり夏は、湘南で決まりでしょ。

茅ヶ崎で海に入ったなんて、10年くらい記憶が無いけど、今年は入ります。

 

 

 

 

サメとクラゲは出ないでほしいです。

 

 

クラゲはセブ島で死ぬほど刺されたのでもう懲り懲りです。

茶色い海は、、むしろウェルカム。。。。

 

 

 

 

最高の夏にします。