I`m traveler of the life

人生を表現し、人々に感動を

日本人が信仰している危ない宗教のハナシ

 

 

最近は、場を仕切る能力(ファシリテーション能力)と、ポジショニングを、

色んなジャンルのエキスパートを見ながら学んでいます。

 

 

たとえば、ひろゆきさんとかマジでファシリ力高いし、

東浩紀さんの、ポジショニング能力も鬼高い。

 

 

youtu.be

 

(これの3:45:00くらいからの内容が、物語っている。超おもしろい)

 

 

僕ら次世代には、本来こういうハイレベルなトークを求められていて、

若者は、総じて情熱とユニークがあるけど、知識の引き出しが少なすぎて、

全く面白い会話にならない。

 

 

 

面白い会話というのは、使う側から見たら、ある意味では汎用性が高いかどうかであって、

身内でガヤガヤやってる「こいつはヤバイ!」みたいなのは、大学生の域を出ない。

 

 

大人にやメディアに対しても、主導権握れるやつとか、話のテンポをもっていく人間は、

やはり強いなと思う。経営者は若者と話す時に、真面目な話なんか大体望んでいない。

 

 

 

というより、意識が高いことはアドバンテージにならないといったほうが分かりやすいだろうか。

情熱があるのは当たり前。人格が良いのは当たり前。世のため人のために何か動きたい。

 

 

そんなのは本来、当たり前であって、そこでビジネスが出来るかどうかは

まず足切りライン。当たり前の話であると思う。

 

その上でスキルが無いなんて、承知の事実で、

そんなものは望まれていない。

 

 

 

ということで、僕ら弱者に求められているのは「面白いこと」であって、

弱みをみても、金があっても人は買えない。

 

面白いというのは「エンターテイメント」で、人を楽しませるというシンプルなバリューは、投資家というレイヤーで見ると、

ポテンシャルの高い銘柄である。事業投資で得られるリターンは、正直、

お金と経験しかないので、カードを買う。

 

= 人材というカードを持っておくほうが、

人生の後半戦は無双OROCHIだと思う。

 

 

で、タイトルの話をしようとしたら、ボリュームが増えてしまったので、

無理やり戻すと、

 

 

まあ、面白い人材がなぜ、好まれるのか? と言えば、

単純に、希少価値が高いからだと思う。

本当に面白い人って、中々いない。僕はそういう人を追い求めて色んな人に会ってきたが、

 

 

ぶっちゃけ「面白い」という基準で、

こいつはヤバイと思う人間は、多分数えたら100人もいない。

 

これは、僕が面白いからという意味ではなく、むしろ、

自分が面白くないから、面白い人材に出会えてないのだなと思う。

 

引っ越しもそのためで、類は友を呼ぶので、ターゲットは絞る。

本質をどこまで突き詰めて実践しているかのゲームの報酬が、人脈だと捉えても、

 

結果論、だいたい合っていると思います。

 

 

 

じゃあ面白い人材とは、なんなのか?

 

逆に考えた時に、面白くない人材とは、同じような人間。つまりは、

よくいるよね、って人間は、新鮮味にかけるし、希少価値が高くないので、 

相対的に、面白くない方のマトリックスに分類されてしまうと思う。

 

 

 

それは何故かというと、

全ての教育は洗脳なので笑 (堀江さんの著書の中でも抜群に良いこと書いてると思った本)、

 

 

親や学校の方針とか、クラスでのいじめとか、

部活とか、まあ、世にあふれる理不尽な外的要因で、

みんな洗脳されてしまっているのだと思う。

 

www.amazon.co.jp

 

 

 

ということで、僕がタイトルで言いたいのは、

日本人の大半は「常識」という宗教を信仰しているのです。という主張であって、

 

 

世間一般の日本人に「どこの宗教ですか?」と聞くと恐らく、

「宗教なんて入ってないよ!」と、誤解されないように必死で解答するので、まあ彼らとしては「無宗教」です。という言い分なのだと思いますが、

 

言葉の定義を吐き捨てて、揶揄されば、その集団心理に抑圧されている状態。つまりは、

 

 

【常識は守らないといけない】 という謎の通説を、

みんな疑いもなく、もしくは疑っていても結果丸め込まれてしまうのです。

 

 

これは、宗教勧誘にあっているのと酷似していて、

みんな自動的に、義務教育でこのフローに乗るようになっているのです。

 

 

純粋無垢なうちに、囲ってしまえば集団心理で、

イノベーター理論くんに「あとは任せるわ。適当に流しで。」みたいなノリで、

 

全員、社会の洗脳にやられてしまうのだなーと思います。

そもそも、法律というものが何のために存在しているのか? など

哲学的な、というより人類の進化的に言えば、

 

 

「無くす」ことではなく「減らす」ことに集中すべきだと思うのですが、

どうにも、私利私欲で施行されている法も、世に蔓延ってしまっているなーと思います。

 

 

まあまあ、こういうことを考えられる人は、良いと思うのですが、

実際、なかなか行き切れない人が多いのではないかな。

 

というのも、人を気にする人間がどうしても多いので、

合理性とか、一概に正しいというだけでは、自分の信念に沿えない。

外的要因で、行動を抑圧されてしまう人も多いよね。

 

 

 

これらは非常に危ない。

今スグにでも、そういう弱い立場からの脱却を目指したほうが良い。と心の中では思うけど、

まあ難しいだろうと推測します。

 

 

流行りのポピュリズムがどうこう、というのも、

根源はこういう側面で、日本はその色がめちゃめちゃ強い。

 

 

大体、自分に自信がないし、なんだかそういう空気で安泰した経済になってしまっているので、(実質は、安泰したように騙されて、それに気付かない世の中なのだが)

 

とにかくこの「宗教」は本当に危ない。

常識を守ることが、誰の幸福に繋がっているのか分かりにくいから。

 

 

なくならないかなー、なくしたいなー、と思って、

色んな事やってみるけど、どうやら社会学を真面目に学べば学ぶほど、

 

個々人の努力は、社会の影響に繋がらないという、なんかあるんですよね。

忘れちゃったけど。

 

まあ普通に考えても可能性が低いわけで、影響力をあげるにはこの土俵で勝たなきゃいけなくて、

まあ、お金を稼げってことですよね。

 

 

ビットコインが破綻する懸念として、一人がビットコイン市場の51%を取ったらガン終わり。

みたいな話がありますが、これと同じで、

 

税金の51%を、日本を変えたいやつが納めていればOKというわけです。

 

 

 

まあ僕は、マイノリティ信者でもないつもりなので、

言うなれば、自分の道を極めている「極道」です。笑

(知り合いのアーティストの方がこう表現していてカッコいいなと思い使っています。)

 

筋は通しますよ。自分の信念も。

 

 

なので、レールの外れた人生こそ正義! とか

起業しろよ!サラリーマンなんてやめろよ!大学つまんないなら中退しろよ!

 

 

なんて言いませんが、自分の人生は、

自分で選択して、自分で決断して、自分でその責任を持てれば良いのではないでしょうか?

 

 

 

今日はこんな感じで締めておきます。

ということで、みんな極道になろうぜってことですね。関東連合バンザイ!

 

 

 

f:id:itotl:20170523185649j:plain

 

 

 

 

p.s.

 

固定観念のないことこそ最高!

という僕らの宗派が良いと思います。笑

 

 

広告を非表示にする